EXO ベクヒョン、iKON BOBBY、SUPER JUNIOR キュヒョン……K-POP中堅グループメンバー、ソロ作で引き出される個性

 K-POP中堅ボーイズグループメンバーのソロ作品リリースラッシュが起きている。こうしたソロ活動は、グループとして一定の地位を築いた後に取り組まれるケースが多い。特に男性グループは、他のメンバーが兵役に行くタイミングで、期間限定でのユニットやソロ活動に注力している場合も見受けられる。個人のカラーが色濃く反映されるソロ作品をリリースすることで、グループでの活動に厚みをもたらしている。今回は、1月に新譜を発表したEXOのベクヒョン(BAEKHYUN)、iKONのBOBBY、SUPER JUNIORのキュヒョン(KYUHYUN)の各作品を取り上げ、ポイントを紹介していきたい。

日本1stミニアルバム『BAEKHYUN』
ベクヒョン『BAEKHYUN』

 EXOのベクヒョンは、日本1stミニアルバム『BAEKHYUN』をリリースした。収録曲6曲全てが日本オリジナルの新曲となっている同アルバム。ベクヒョンはEXO-CBXやSuperMなどのユニット活動にも参加しており、そのポテンシャルの高さは周知されている。そんなベクヒョンがこれまで発表してきたソロ楽曲は、爽やかなものが多かった。今回は自身の名前がタイトルになっていることからも伝わる通り、洗練されたベクヒョンらしさに加え、今後のアーティスト活動にも期待させる思いの詰まった一枚となっている。どの収録曲も落ち着いた曲調かつストレートに愛を伝えているメッセージ性があるが、特にリード曲「Get You Alone」はミディアムテンポでダンディな魅力も感じさせる一曲である。同楽曲のMVは、ベクヒョンが複数の役になりきりストーリーを展開する見応えある作品となっており、終盤のシーンではジャケットを用いたダンスも披露するなど、そのパフォーマンスも印象的だ。

BAEKHYUN ベクヒョン ‘Get You Alone’ MV

 iKONのBOBBYは、約3年4カ月振りに韓国2ndソロアルバム『LUCKY MAN』をリリースした。同アルバムは17曲もの楽曲が収録されており、BOBBYのソロ活動の大きな節目を感じさせる。リード曲である「U MAD」は、威勢の良い中毒性のある一曲。MVでのBOBBYは堂々とした姿が印象的であるほか、アクションシーンも披露している。さらには爆破シーンなども盛り込まれ、迫力のある演出で引き込まれる映像だ。そのほかにも同アルバムに収録された楽曲はバリエーション豊かであり、幾つものコンセプトに染まったBOBBYのセンス溢れる音楽に触れることができる。SNSではiKONのメンバーからの応援メッセージも公開されており、BOBBYが長い月日をかけて制作していたという苦労を労い、そして完成した喜びを共に噛み締めている様子であった。

BOBBY – ‘야 우냐 (U MAD)’ M/V

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる