Sexy Zone 中島健人、夢を語る姿に感じる“アイドルとしての使命” マリウス葉にも言及したラジオを聴いて

Sexy Zone
Sexy Zone

 Sexy Zoneの中島健人にはつくづく頭が下がる。デビュー当時から、いやジャニーズJr.時代から徹底したアイドルマインドで注目を集めてきた中島。コンサートや握手会でファンを姫扱いしたエピソードは伝説的に語られ、テレビでも数々の芸能人相手に「甘いセリフを囁いてほしい」というニーズを完璧にこなしてきた。
また、ファンを指す「セクシーラバーズ」に始まり、もはやキメ技のように浸透した「セクシーサンキュー」、またCM共演を果たした斎藤工に対して親しみを込めて「セクシー兄さんです!」と呼ぶなど、「セクシー◯◯」のボキャブラリーも豊富。

 ジャニーズアイドルとして、王子様の顔も、バラエティタレントの顔も、振り切って多くの人を笑顔にさせる貴重な存在だ。そのスタンスは、デビュー10周年を迎えても錆びつくことは一切なく、むしろ磨きがかかる一方。そんな中島が1月25日から4日間ラジオ『SexyZoneのQrzone』(文化放送)に登場し、“らしさ“を爆発させた。

 1月25日には、現在休養中のマリウス葉についても言及。10周年というアニバーサリーイヤーに5人が揃わないのは寂しいことではある。だが、真剣に受け止めつつも決して下を向かないポジティブさが、中島の魅力。「ヘルシーファースト」と彼らしいワードを散りばめながら、マリウスが体も心も栄養を養って、健康になることをじっくりと待つというエールが送られた。

 「僕らの一生懸命パフォーマンスする姿が、マリウスを始め、セクシーラバーズに、僕らのことを知らない方々にエネルギーだったり元気を届けられると思っていますので。今、目の前にあることをしっかりとやるべき。そして前進あるのみと思っております」そんな言葉がまっすぐに語られるのも、中島が常日頃から自分をそう律しているからこそだろう。

 そして、「刀も研ぐ時間って必要じゃないですか。人生の中で刃を抜くときもありますけれど、とにかくマリウスもSexy Zoneも刀を研いでね、今年はね、切れ味を良くして、健康第一に頑張っていきたいと思います」と続ける。

 だが、それで終わらないのが中島健人だ。「まあ、本当に“SZの呼吸”ですよ。もう、みなさん“セクシーの呼吸”で。マリウスも、俺らも、そしてセクシーラバーズもね、SZの“セクシーの呼吸”壱ノ型“セクシーサンキュー”で。みなさん頑張っていただければなって思ってます!」と、さすがのケンティーワールド全開に。

 さらにその勢いのまま、メンバーの佐藤勝利がKis-My-Ft2の北山宏光とW主演を務める『
でっけぇ風呂場で待ってます』(日本テレビ系)の主題歌となっている新曲「LET’S MUSIC」の曲紹介へ。

 「なんと素晴らしい。もー、パーティーだね! まるで10周年の幕開けのような!」とノリノリな声と、「LET’S MUSIC」のキャッチーでファンキーな曲調も手伝って、聞いているこちらまで気持ちが弾む。現在、絶賛制作中だというアニバーサリーアルバムについても期待を高めずにはいられない。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる