Kis-My-Ft2 千賀健永とSexy Zone 中島健人のコラボが実現 「Sen茶」に溢れる“二人のケント”のクリエイティビティ

 10月12日、ジャニーズ事務所の会員制サイト「Johnny’s web」にて、Kis-My-Ft2千賀健永が突如「健人」へ意味深なメッセージを投げかけた。思い当たる「健人」といえば、Sexy Zone中島健人しかいない。中島もまた、千賀にメッセージを返す。

 ふたりのメールを覗き見るかのような日々を経て、16日、同時に更新された各々のページ。そこには「#Sen茶」「#ケント2人でコラボしてみた曲」のハッシュタグとともに、ラブソングが添えられていた。

 千賀と中島。同じ「ケント」……個人的には“kento”と綴るのがベストではないかと思うのだが、ワールドワイドな名を持つ男だ。

 誕生日が10日違いの3歳差。キャリアとしては千賀が5年ほど先輩だが、CDデビューは同年。ともに今年、デビュー10周年に突入する。

 デビュー当時、20歳でグループ最年少だった千賀と、17歳でグループ最年長だった中島。置かれた立場は対照的ながら、どちらも俯瞰的にグループを見ている男だ。

 双方、バラエティでも爪痕を残す個性派。ときには身体を張ることも厭わないが、ファンのためにいつでもかっこよくあろうという、アイドルとしての芯がある。

 また、愛されて育ったことがよく分かる、優しい青年だ。ピュアで涙もろく、感動を表現することをためらわない。その心の美しさこそ、アーティスティックな才の源だ。

千賀と中島を繋ぐ“ピアノ”のキーワード

Kis-My-Ft2

 千賀は作曲を趣味としており、2015年の時点でラブソングやパーティーチューンなど、70曲ほどのストックがあると語っていた。またKis-My-Ft2の派生ユニット・舞祭組の4thシングル曲「道しるべ」の作曲も担当している(参照:『道しるべ』初回生産限定盤B DVDより)。

 千賀がピアノ(キーボード)に初めて触れたのは2014年のこと。レギュラー出演していた歌番組『UTAGE!』の企画をきっかけに、Toshlや川畑要、Chage、中居正広ら数々の歌手とのコラボレーションを披露した。

 同番組には、千賀と中島による印象深いエピソードも。

 番組内で「ピアノといえば千賀」というキャラクターが定まりつつあったころ、番組ゲストにSexy Zoneが登場。「赤いスイートピー」のカバーにて、中島がピアノ演奏を披露した。

 小学生のころからピアノを学んでいた中島は、“8人のスイートピーたち”に目配せをしながら温かな演奏を聴かせ、スタジオはスタンディングオベーション。若手の台頭に焦り、ひとり座ってふてくされている千賀をMCの中居がいじるという、バラエティ的な流れが生まれた。中島に物申してやろうと立ち上がった千賀だが、口をついて出たのは「お前、めっちゃ上手いな!」という本音。千賀の素直さと、緊張を隠しやり切った中島。互いの良いところが垣間見えたシーンだった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる