Sexy Zone 中島健人、田中みな実&弘中アナに“あざとさ”への持論を展開「バレちゃいけないんですよ。サンタさんと一緒です」

 Sexy Zoneの中島健人が、11月7日放送の『あざとくて何が悪いの?』(テレビ朝日系)に出演した。

Sexy Zone

 番組では、山里亮太、田中みな実、弘中綾香の3人が、“あざとさ”について語り尽くす。開始3秒からカメラに向かって右手を揺らし“あざといのジャブ”をかます中島。過去に番組公式YouTubeで田中が「ジャニーズあざとい代表はケンティー」と発言したことから、Twitterのトレンド候補に「中島健人 田中みな実」が並んでいたのだという。それを見た中島は「熱愛でたのかな?」と勘違いしたと発言。ここで悶え耐え切れなくなった田中は山里に向かって「私があと10歳若かったら危なかったですよ!」と助けを求めた。

 心を持っていかれそうになった田中に弘中も「羨ましいんですけど~」と身体を大きく揺らす。『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)のサブMCを務めていた弘中は、中島と何度も共演をしている。「20歳の時から天賦の才を発揮されていて、私が着ている衣装に『可愛いですね』とか『プリンセスみたい』って言うのは朝飯前なんですよ」と弘中は本番裏での中島を明かし、続けて「フロアディレクターやADさんにも『髪切りました?』とか『この前話してた彼女さんとどうなりました?』とかそういう話までされるので、みんな大好きでした」と発言。中島は細かいところまで覚えている弘中に驚きつつ、「人の特徴とかにすぐ気づいちゃうんですよね。名前とかも覚えてないとよくないことだと思っちゃうので、初回から2回目以降は名前で呼ぶようにしてます」と話し、さらには人の好みまで把握していると語った。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる