DEEP SQUAD、何気ない日常に寄り添う新曲「AMAZING DAYS」 明るい音色&厚みのあるコーラスが響く温かい歌に

 DEEP SQUADが、EXILE TETSUYAとコラボした新曲「AMAZING DAYS」を1月18日に配信リリースした。

DEEP SQUAD & EXILE TETSUYA「AMAZING DAYS」

 昨年冬に放送され国内外で話題を集めた人気ドラマ『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(テレビ東京系)のエンディングテーマであった「Good Love Your Love」が、台湾⼤⼿の配信サイト・KKBOXの邦楽チャートで3週連続TOP3となるなどアジア圏でヒット。デビュー1年目にして国内外に多くのファンを獲得したDEEP SQUADが、2021年最初にリリースするのが「AMAZING DAYS」だ。

 今作は、EXILE TETSUYAがプロデュースしているコーヒーショップ「AMAZING COFFEE」と「ローソンMACHI café」のコラボドリンク第5弾「アメージングジャスミンカフェラテ」のテーマソングとなっている。すでにローソン特設サイトでは同曲が使用されたWeb CMや、EXILE TETSUYAのソロパフォーマンスを映したダンスムービーなどのキャンペーン動画が公開されている。また、リリース当日には楽曲制作の現場に密着したドキュメントMVも公開された。

AMAZING DAYS (DEEP SQUAD meets EXILE TETSUYA)ドキュメントミュージックビデオ

 MVなどの映像を見ても分かる通りだが、今作の詞はEXILE TETSUYAとDEEP SQUADによる共同制作となっている。メンバーがそれぞれ意見を出し合う中で導き出されたというテーマは、「些細な日々の出来事を大切にして、1歩1歩少しずつでも上を向いて歩き続けよう」というもの。聴く人の日常に寄り添い、心を明るくするようなポップソングに仕上がった。

 また、今回はLDHが運営するダンススクール・EXPGとも連携している。全国12校のEXPGボーカルクラスの生徒から選ばれた候補生をDEEP SQUADが1人ずつ審査し、最終的に選ばれた12名がコーラスに参加。コロナ禍により生徒達がレコーディングに直接参加することができないため、各地で生徒がレコーディングしたものをスマートフォン等で送ってもらい、それをミックスして音源を完成させたという。グループにとって、新しい試みがいくつも盛り込まれた1曲となった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる