Eve「廻廻奇譚」、数週にわたってバイラルチャートランクイン 『呪術廻戦』に寄り添う、けだるいフロウと胸踊る躍動感

参照:https://spotifycharts.com/viral/jp/weekly/latest

 Spotifyの「バイラルトップ50(日本)」は、最もストリーミング再生された曲をランク付けした「Spotify Top 50チャート」とは異なり、純粋にファンが聴いて共感共有した音楽のデータを示す指標を元に作られたプレイリスト。同チャートを1週間分集計した数値の今週分(12月17日公開:12月10日~12月16日集計分)のTOP10は以下の通り。

1位:Ado「うっせぇわ」
2位:優里「ドライフラワー」
3位:SEKAI NO OWARI「silent」
4位:菅田将暉「虹」
5位:Broken kangaroo「水平線」
6位:Eve「廻廻奇譚」
7位:LiSA「炎」
8位:BEK & Wallin「Storeulv 2016 feat. Moberg 」
9位:SugLawd Familiar, OHZKEY, Vanity.K「Longiness」
10位:虎韻「南の島」

Eve「廻廻奇譚」

 めまぐるしく入れ替わるSpotifyのバイラルチャート。そんな厳しい競争のなかで、6週連続でトップ10にランクインしている楽曲がある。今週6位にランクインしているEve「廻廻奇譚」だ。TVアニメ『呪術廻戦』のオープニングテーマになっている本楽曲。原作は『週刊少年ジャンプ』に連載中で「全国書店員が選んだおすすめコミック2019」で1位、「みんなが選ぶTSUTAYAコミック大賞2019」で大賞を受賞するなど、非常に人気の高い作品だ。満を持してのアニメ化となった『呪術廻戦』のオープニングを飾る「廻廻奇譚」はどのような楽曲なのだろうか。

 まずは「廻廻奇譚」を歌い上げるだけでなく、作詞作曲をも手掛けたEveについて紐解いていこう。Eveは2009年よりネット上を中心に活動を始めたアーティストでいわゆる「歌い手」としてキャリアをスタートした。次第に自身で作詞作曲を行うようになり、2枚の自主制作アルバムを経て、2016年に初の全国流通盤『OFFICIAL NUMBER』をリリースするまでに成長。そして、今年2月にリリースした最新アルバム『Smile』ではオリコン週間アルバムチャート2位を記録している。

廻廻奇譚 – Eve MV

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる