Snow ManとIMPACTors、『滝沢歌舞伎』通じてパフォーマンスに変化 受け継がれる全力で熱量を届ける“滝沢イズム”

 「春の踊りは、よ~いやさぁ~」。Snow Man主演映画『滝沢歌舞伎 ZERO 2020 Tne Movie』が12月4日に全国公開となった。『滝沢歌舞伎』は2006年に前身となるミュージカル作品『滝沢演舞城』としてスタートして以来14年、多くのジャニーズJr.たちが出演し、舞台を通じて成長を遂げデビューに繋がったことでも知られている。今回は映画の公開を機にこれまでの作品を振り返ると同時に、前作に続いてSnow Manを支えた注目のユニットIMPACTorsの魅力についても触れていきたいと思う。

『滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie』スペシャル予告篇

登竜門『滝沢歌舞伎』を経験し、大きく成長したJr.たち

Snow Man
Snow Man

 『滝沢歌舞伎』はJr.の登竜門とも言われ、ファンの間では「滝沢歌舞伎に出演すると大きく飛躍する」といわれている。厳しい稽古を経て、長丁場の公演をやり遂げた経験が技術的にも精神的にも成長し、その後のパフォーマンスに変化をもたらすのだろう。

 2010年に『滝沢歌舞伎』となってからもKis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔、北山宏光、横尾渉、宮田俊哉、二階堂高嗣、千賀健永をはじめ、Sexy Zoneの中島健人、菊池風磨、A.B.C-Zの戸塚祥太、塚田僚一、河合郁人、五関晃一、橋本良亮、King & Princeの岸優太、SixTONESの松村北斗、京本大我、髙地優吾、ジェシー、など、現在はデビューし活躍中のメンバーが数多く出演している。

 また2012年には当時の関西ジャニーズJr.から初となる、ジャニーズWESTの重岡大毅、桐山照史、神山智洋、濵田崇裕らが重要な役割で出演を果たしている。

 そして現在注目のユニットからもHiHi Jets井上瑞稀、橋本涼、Travis Japanの川島如恵留、七五三掛龍也、松田元太、なにわ男子の藤原丈一郎、大橋和也、Aぇ! groupの末澤誠也、正門良規、草間リチャード敬太、福本大晴などをはじめ数多く出演しており、やはり「Jr.の登竜門」的な位置づけとなっているのは間違いないようだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる