Snow Man、『滝沢歌舞伎ZERO』切磋琢磨しながら作り上げた舞台に 映像作品の注目ポイントを解説

 「春の踊りは、よ~いやさぁ~」張りつめた舞台に響く力強い第一声を放ったのは2006年から主演を務めた滝沢秀明からバトンを受け継いだSnow Manだ。2019年4月から5月にかけて公演された新生「滝沢歌舞伎」こと『滝沢歌舞伎ZERO』を収めた映像作品がついに7月29日待望の発売となった。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、発売日が当初の予定より遅れたこともあり、DVDを手にしたファンの喜びの声がSNSに溢れた。

 Snow Manも発売を記念し、自身のアーティストチャンネルを更新。「Snow Man「滝沢歌舞伎ZERO」発売記念! ベストシーンはどこ? 」としてクイズ形式でメンバーそれぞれが思うベストシーンを映像と共に紹介した。

 佐久間大介は「女形」、目黒は「WITH LOVE」、渡辺翔太は名物「腹筋太鼓」をそれぞれベストシーンに挙げた。また、深澤辰哉が時代劇『鼠小僧』の人気キャラ「お丸」への愛を爆発させた場面も。

  宮館涼太は岩本照との「五右衛門ZERO」の刀投げシーンを挙げる。このシーンは宮館が花道から投げた刀を、遠く離れた舞台上の岩本扮する五右衛門がキャッチするのだが、毎回ファンも固唾をのむ緊張のシーンだ。宮館も「毎日2人で練習していた」と当時を振り返った。向井康二は、特に苦労したという「変面」をピックアップ。「変面」は本来は中国の伝統芸能であるが、少年隊のミュージカル『PLAYZONE’90 MASK』にて披露されて以来、東山紀之、大野智、滝沢秀明と磨きあがられてきたジャニーズのいわば“お家芸”。舞台経験豊富な向井でもかなりの努力が必要だったようだ。阿部亮平はダイナミックな殺陣の演目「モノクロ」、ラウールは練習を重ね激しいダンスに挑戦した「Maybe」のシーン、岩本は宮館と渡辺による「My Friend」でのフライングだと答えた。

 これまでは特典映像として公開されることが多かったビジュアルコメンタリーだが、YouTubeで配信することで、より多くの人に作品の魅力を伝えられることができるようになった。もちろん手にしたファンに向けても彼らの飾らない言葉を通じて楽しめるように配慮されている。

Snow Man「滝沢歌舞伎ZERO」発売記念!ベストシーンはどこ?

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる