『FNS歌謡祭』第1夜、コラボパフォーマンスの見どころは? 山崎育三郎×宮野真守からLiSA×清塚信也、水樹奈々×倖田來未まで

 12月2日18時30分より『2020 FNS歌謡祭 第1夜』(フジテレビ系)が放送される。毎年この時期に放送される『FNS歌謡祭』と言えばやはり、番組でしか見ることのできないアーティストの垣根を超えたコラボレーションが他の大型音楽番組にはない魅力だ。本稿では、第1夜でのアーティストによるコラボパフォーマンスの見どころを紹介したい。

郷ひろみ×ISSA(DA PUMP)×松下奈緒

 デビューから48年経った今も衰えないパワフルなパフォーマンスとゴージャスでスタイリッシュな姿を魅せ続ける郷ひろみは、同じくスタイリッシュなパフォーマンスが持ち味のDA PUMPのISSA、そして女優としてだけでなくピアニストとしても活動する松下奈緒とコラボレーション。自身の名バラード「逢いたくてしかたない」を披露する。「逢いたくてしかたない」は20年以上愛され続けるラブバラード。きっと郷やISSAの歌唱力がいかんなく発揮されるパフォーマンスになることだろう。そんな2人に寄り添うような松下によるピアノの演奏にも注目したい。

藤井フミヤ×DISH//×藤井尚之

 藤井フミヤと藤井尚之、さらに演奏しながら歌って踊るダンスロックバンドとして人気の高いDISH//の3組がコラボして披露するのはチェッカーズ往年の名曲「ジュリアに傷心」。思えばDISH//と同じようにチェッカーズも、演奏をしながら曲に合わせてダンスも踊れるバンドであった。DISH//とチェッカーズは共通点を持つアーティストなのではないか。そんな2組の時代を超えたコラボレーションは必見。なお、藤井フミヤと藤井尚之はチェッカーズ「星屑のステージ」も披露する。

德永英明×山崎育三郎、山崎育三郎×宮野真守

 NHK連続テレビ小説『エール』での歌唱演技も大きな話題を呼んだ山崎育三郎は、德永英明とのコラボで「レイニーブルー」を歌唱する。「レイニーブルー」は失恋による傷心を描く、都会的で切なげな匂いのする德永の代表曲。繊細な表現が求められる1曲だが、音大、そしてミュージカルの舞台で鍛えられた山崎の歌唱ならば、素晴らしいパフォーマンスになることは間違いない。また山崎は、声優の宮野真守ともコラボレーション。布施明の名曲「君は薔薇より美しい」を披露する。ミュージカル界のプリンスと称される山崎と、声優界のプリンスと称される宮野。今回のコラボレーションは言わば、プリンス同士の夢のような共演。きっとこの夜一番の華やかな時間になるだろう。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる