嵐が『FNS歌謡祭』で見せてきた豪華アーティストとの共演 ゆず、松下奈緒ら“一夜限りのコラボレーション”を振り返る

 さて、今年の『FNS歌謡祭』で嵐がコラボするのは、J-POPの女王と言っても過言ではない松任谷由実。曲目は、お互いがいま一緒に歌いたい楽曲が選曲され、松任谷は1994年リリースのシングル曲「春よ、来い」を、嵐は2018年リリースの「君のうた」がそれぞれ選ばれた。なお、「君のうた」は2019年に『ミュージックステーション3時間スペシャル』(テレビ朝日系)でも、東京フィルハーモニー交響楽団とコラボしたことがあるナンバーだ。

 嵐と女性シンガーとのコラボレーションは珍しく、松任谷由実とどんなハーモニーを聴かせるのか。より一層プレミアムなステージになりそうだ。

■柚月裕実
Web編集者/ライター。企画、担当編集、取材・執筆してます。
日本の男性アイドルの頑張りを見ては涙する30代。
始まりはSMAP中居さん。 KAT-TUN、NEWS中心の事務所担。年中HDDの整理と原稿書きに追われています。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる