BTS、ザ・ウィークエンド……『第63回グラミー賞』ノミネートへの賛否 「BIG4」選出に必要な要素と求められる透明性

 「混乱と失望の大洪水」(参照)。Complexメディアが記したように、2020年11月、『第63回グラミー賞』のノミネーション発表はカオスを呼び起こした。長らく黒人アーティスト不遇を批判され、元CEOより不正ノミネートや性暴力の疑惑も告発された同アワードの受賞結果が賛否を巻き起こすことは珍しくない。しかし、ノミネート陣の発表のみでここまで荒れるのは稀に見る事態だ。

BTSの本当の“勝負”は来年?

 比較的ポジティブなノミネーションとしては、日本でも注目度の高いBTSが「Dynamite」にて最優秀ポップデュオ/グループパフォーマンス部門に入ったこと。グラミー賞が目標だと公言してきた彼らは祝福に包まれたが、その一方で「過小評価」との声も出てきている。キャリア初の英語楽曲「Dynamite」はBillboard HOT100で数週間にわたる首位を獲得した。サブカテゴリであるポップ部門の一つに留まるのではなく、「BIG4」と呼ばれる主要四部門にも入るべきだった、とする意見である。

BTS『BE(Deluxe Edition)』

 BTSの「BIG4」に関しては、もしかしたら「勝負は来年」と言えるかもしれない。それぞれジャンル専門会員が取り組むサブカテゴリと異なり、一般部門たる「BIG4」は全会員の投票によって決まった上位20候補から幹部委員会が精査してノミネーションを決定するシステムだ(参照)。断言はできないものの、通説としては、スタジオミュージシャンの会員が多いとされることもあり、権威あるジャンルに関連がある者や楽器類を巧みに扱える「オールドスクール」イメージのミュージシャンが候補になりやすい。今回で言うなら、Black PumasやH.E.R.がこれにあたる。一方、トレンドを牽引するポップスターが「BIG4」の限られた枠で得票する場合、チャートヒットに疎い会員層にも知られるような「今年の顔」たる存在感が重要とされる。今回、グラミー賞のエントリーは、2019年9月~2020年8月中リリースの作品に限られる。そのため、エントリー期間前半に大ヒットシングルとアルバムを出してしまい、その後チャート順位やメディア露出を維持することで「今年の顔」だと印象づけるスケジューリングが有利になるのだ。ここ10年のグラミー賞で大勝をおさめたテイラー・スウィフト、ブルーノ・マーズと同じく、今回「BIG4」でノミネートを稼いだデュア・リパとポスト・マローンもこのサイクルでラジオを筆頭としたチャートに長期滞在して存在感を築きあげた。反して、BTSがエントリーした「Dynamite」は締め切り直前の8月21日リリースである。同曲が収録された9thアルバム『BE (Deluxe Edition)』は2020年11月リリースのため、今回のグラミー賞には入らない。つまり、「Dynamite」によってHOT100ナンバーワンアーティストとなりラジオも稼いだ彼らがこのまま広範に活躍していければ、『BE』が対象とされる2022年開催予定の『第64回グラミー賞』でもっと大きなノミネートを得られる可能性がある。ちなみに、「Dynamite」と同じ夏季のヒット「WAP feat. Megan Thee Stallion」をグラミー賞にエントリーすらしなかったカーディ・Bは、同曲の収録が期待される次回のアルバムでアワードを席巻する計画のようだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる