Girls²のライブが与えた元気と勇気 ファンを喜ばせる仕掛け満載、初の生配信ライブレポート

Girls²のライブが与えた元気と勇気 ファンを喜ばせる仕掛け満載、初の生配信ライブレポート

 Girls²が、11月15日に初の生配信ライブ『Girls² Online Live 2020』を開催した。Girls²は、大人気『ガールズ×戦士』ドラマシリーズでメインキャストを務め、それぞれのシリーズでmiracle²、magical²、mirage²としても活躍してきたメンバー9人からなるガールズ・パフォーマンスグループである。

 11月18日にリリースされる最新曲「大事なモノ」「#キズナプラス」「HERE WE GO」はもちろんのこと、miracle²、magical²、mirage²の懐かしい名曲たちも次々と披露するなど、ファンを喜ばせる仕掛けが満載なオンラインステージとなった。

 日曜の午後2時。家族でゆっくりと楽しめる時間に開催されるのも、キッズから大人まで幅広く愛されているGirls²らしいところ。近未来的なオープニング映像が流れると、メンバーが順に1人ずつクローズアップされていく。ファンタジックな演出も、『ガールズ×戦士』シリーズとしてデビューしたGirls²との相性は抜群だ。

 リアルなステージが映し出された後も、Girls²のロゴが空中に浮かぶオンラインライブならではの演出が楽しい。そのまま、彼女たちのハジける笑顔とともに「チュワパネ!」がスタート。キレのあるダンスと息の合ったフォーメーションチェンジに、このライブに向けてリハーサルを重ねてきた9人のアツい想いが伝わってくる。「Ring Ring♪」「ABCDEFガール」と歌い踊れば、すでにメンバーの額には汗が光る。「みなさんまだまだ盛り上がっていきましょう!」と最年少の菱田未渚美が呼びかけ、元気いっぱいなライブが幕を開けた。

 MCではしっかり者のリーダー、鶴屋美咲が中心になって進行を務める。初のライブ配信ということで、「見えているかも不安!」とドキドキした様子でトークをしていく9人。たとえオンラインになっても、ライブらしく「盛り上がる準備はできてますかー?」と元気を届けるのは小川桜花だ。「熱が上がってきてる」と少し赤くなった顔で微笑む増田來亜。原田都愛の口からは「最後に重大発表があるかも?」と思わせぶりな発言も飛び出し、ますますラストまで目が離せない。

 MCが明けるとかわいらしい猫のイラストたちとコラボした「ぐるぐる」へ。〈さぁさぁ、みにゃさん!/ご一緒に!〉とファニーな歌詞とともに、ファンも一緒に手振りが真似できるキュートな1曲だ。9人が1列になってウェーブをしたりと、見ても踊っても楽しめる。すると、今度は猫のイラストから桜の花、三角定規、ノートやボールなど、学校にまつわるものが次々と登場。ステージ上にも教室を思わせる机が登場し、「学校行っちゃおう」を披露する。ここでは石井蘭と山口綺羅を中心にダンスタイムも! これぞパフォーマンスグループと呼びたくなる、しなやかでパワフルなダンスでファンを魅了した。

 気づけばメンバーは衣装をチェンジし、「#わたモテ」「#オンラインライブ」と描かれたTikTok画面調のスクリーンで「私がモテてどうすんだ」を歌い、踊る。さらに「JEWEL GIRL」では、バーカウンターからワンカメショーのようにステージ移動を見せていく。メンバーがジュースで乾杯したり、ポップコーンやキャンディを抱えながら集合し、ラストはステージで原田が持つスマホで9人セルフィー。キレキレに踊る姿も、ワチャワチャと絡む様子も、いずれもGirls²の大きな魅力。それを余すことなく伝えていく演出が目白押しだ。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる