櫻坂46 森田ひかる、周囲から支えられるセンターに? 力強いパフォーマンス、一体感重視する姿勢が生む新たな像

『blt graph. vol.58』
『blt graph. vol.58』

 櫻坂46の公式ホームページ上で1stシングル『Nobody’s fault』におけるカップリング曲のセンターを、森田ひかるを含む藤吉夏鈴と山﨑天の3人が楽曲ごとに務めることが先日発表された。今までは見られなかったこうした新しい制度からも、新グループでは“全員で成長していく”という強い意思が伝わってくる。選ばれたのは全員2期生。今回はその中でも表題曲のセンターに選ばれた森田に注目したい。

 森田ひかるは2001年生まれの福岡県出身。4姉妹の末っ子として生まれ、3人の姉にやさしく育てられたという。特技は昨年開催されたイベント『おもてなし会』や番組初登場の際にも披露していた和太鼓。小柄な体からは想像できない力強い姿に客席が圧倒されていたのを覚えている。身長は現在150.5cmとグループで最も低いが、ぱっちりとした瞳が特徴で、画面に映ったときの存在感はピカイチ。Billboard JAPANのインタビューによれば、森田は元メンバーの今泉佑唯を目標としているようで、小さな身体でも堂々としている姿に憧れているのだという。

「卒業されてしまったんですけど、今泉佑唯さんは自分と同じように小柄なのに、すごく堂々とランウェイを歩く姿がかっこよくて。それに何より笑顔が大好きで、自分もこんなアイドルになりたいなって思いました」(参照

 人によってはコンプレックスになりかねない身体的特徴を、むしろ作品に活かして堂々と活動する様は多くの共感を呼ぶはずだ。新シングルのパフォーマンスでも、小さな体から繰り出されるダイナミックなダンスには躍動感が溢れていた。

 そんな彼女はインドア派。もともと“1人遊び”が好きだったり、アニメや漫画が好きで、小学生の頃は毎日漫画を模写して練習していたのだとか。番組でも彼女の絵が何度か披露されたことがあったが、独特の可愛らしいタッチのイラストを描く。自己紹介動画でもハシビロコウの絵を披露していた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる