君島大空、青葉市子、Serph、DJ TASAKA、Machinedrum……小野島大が選ぶエレクトロニックな新譜9選

 毎回エレクトロニックな新作から選りすぐりの作品を紹介するこの連載ですが、今回は日本人アーティストによる秀逸な作品が揃いました。

青葉市子『アダンの風』

 青葉市子の2年ぶり7枚目のアルバム『アダンの風』(piano/hermine/SPACE SHOWER MUSIC)。活動10年目を迎えた彼女のレーベル移籍後第一弾となる作品。沖縄長期滞在経験をもとに彼女が執筆した物語を元にした「架空の映画ためのサウンドトラック」です。作編曲のパートナーとして抜擢されたのは、milk名義でソロアルバムをリリースしているほか、TVアニメや劇映画のサントラ、CM音楽、原田知世とのコラボなどで知られる梅林太郎。アコースティックでナチュラルなサウンドとエレクトロニックなトリートメントが絶妙にブレンドし、従来のガットギターによる弾き語りにとどまらず、古楽や室内楽、教会音楽を横断するネオクラシカルからアンビエント〜ゴシック〜ポストロック〜プログレッシブロックにまで通じる、奥行きと広がりのある優雅かつ濃密なサウンドを実現しています。彼女の幽玄でミステリアスなボーカルと梅林の緻密でしなやかなトラックの相性は抜群。彼女の数多い作品の中でもベストに近い出来ではないでしょうか。年間ベスト級の大傑作の誕生です。収録曲「Porcelain」のMVも素晴らしい。12月2日発売。

Ichiko Aoba – Porcelain (Official Music Video)

レーベル公式

君島大空『縫層』

君島大空
君島大空『縫層』

 昨年の1st EP『午後の反射光』で、新世代のシンガーソングライターとして注目を浴びた君島大空の新EP『縫層』(APOLLO SOUNDS/ULTRA-VYBE)。彼もまた青葉市子同様、ガットギターの弾き語りを基本とする音楽家ですが、そこにワンマン録音でさまざまな音を加えることで、言葉で伝えきれないイメージを補完していくというやり方は前作同様ながら、今作ではアレンジや音色が多彩かつカラフルになり、サイケデリック/カオティックでありながら力強く、音数は多いのに明快で明瞭、ポジティブなエネルギーを感じる作品となっています。「合奏形態」と称したバンド形式での演奏も収められており、ロック色が強まっているのも今作の特徴と言えるでしょう。楽曲のポップ度も最高ですが、それをひとひねりもふたひねりもして、こんなに奇妙な音像を作るのもすごい。改めて、凄まじい才能だと痛感しました。

君島大空 「笑止」Official Music Video
君島大空 – 縫層

レーベル公式

Serph『Skylapse』

Serph
Serph『Skylapse』

 Serphの新作『Skylapse』(noble)。フルアルバムとしては2年半ぶりですが、その間に9カ月連続のシングルリリースとそれをまとめたアルバム、さらに3枚のミニアルバム、ディズニーソングのカバー集、DE DE MOUSEとのコラボ作やゲストボーカリストを迎えたシングルなど、きわめて大量の作品を絶え間なく出し続けていて、しかもクオリティが全く落ちないのだから驚きです。今作は、本人の意識としてはかつてなくメロディ重視の聴きやすいアルバムを狙ったようですが、Serphらしいポップ性と実験性が絶妙にバランスしたエレクトロニカは相変わらず抜群の完成度。冬の空をテーマにしたという舞い降りるダイヤモンドダストのようなキラキラと輝くサウンドは、ドリーミーでファンタジック、それでいてロマンティックです。12月2日発売。

Serph – Skylapse (Official Audio)

レーベル公式

DJ TASAKA 『Goodie Bag』

 DJ TASAKAの5年ぶり新作が『Goodie Bag』(UpRight Rec.)。実に彼ららしいファンキーでグルーヴィでラテンなディスコ〜エレクトロ〜レイヴが炸裂した、文句なしに楽しい一作。コロナ自粛下におけるダンスミュージックのあり方にはさまざまな意見があると思いますが、あくまでもパーティミュージックをやり続けるというTASAKAの決意表明と見ました。ノンストップDJミックス仕様のCDは1500円+税と格安。一家に一枚どうぞ。

DJ TASAKA 『Goodie Bag Teaser Mix』

公式サイト

Chihei Hatakeyama & Dirk Serries『BLACK FROST』

 日本のアンビエントミュージックの第一人者、畠山地平がベルギーのベテラン実験音楽家ディルク・セリーズ(Dirk Serries)と組んだアルバムが『BLACK FROST』(GLACIAL MOVEMENTS)。2人のコラボは4年前の『The Storm of Silence』以来2作目ですが、前作同様、北欧の氷河をテーマにした作品で、ダークで冷たいドローンアンビエントながら、オーロラの淡い光が乱反射するようなディープで美しい作品に仕上がっています。最近、国内外問わずドローン〜アンビエント作品が本当に数多くリリースされていて、やや玉石混交気味ですが、イマジネーションの豊かさと音像の奥行きの深さは、さすがに他の凡百の及ぶところではありません。

Chihei Hatakeyama & Dirk Serries – Sprakk [Audio]
Chihei Hatakeyama & Dirk Serries  – Black Frost

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「新譜キュレーション」の最新記事

もっとみる