きゃりーぱみゅぱみゅが魅せる、緻密に設計された“ホラー仕様”なステージ演出 オンラインハロウィンライブをレポート

きゃりーぱみゅぱみゅが魅せる、緻密に設計された“ホラー仕様”なステージ演出 オンラインハロウィンライブをレポート

 日本時間(と言いたい気分)2020年10月31日、17時30分。きゃりーぱみゅぱみゅ初のオンラインライブ『Kyary Pamyu Pamyu Online Halloween Live 2020 「THE FAMILY 10.31」』が開催された。15分ほど早くSHOWROOMにログインして入場すると、不気味な音色のBGMがホラー気分を盛り上げる中、すでにたくさんのアバターが開演を待ち構えていた。

 17時30分ちょうど、画面にショーのタイトルが流れ、森の奥に佇む洋館の前にドクロ面の双子の少女が現れた。導かれるままついて行くと扉が開き、ジョーカーのような風貌の「ザ・ファミリーの執事」を名乗る男が口上を述べる。

 観客はファミリーが人目を避けて暮らすこの洋館に迷い込み、亡くなった長女が年に一度だけ復活する「大事な晩」を、人間を装ったモンスターのふりをして楽しむ、という趣向。「正体がバレないようお気をつけください。でないと、みなさんの身の安全は保証できませんよ」と執事が高らかに笑うと雷鳴が轟き、いよいよ長女=きゃりーが登場した。

 きゃりーは裾にタッセルがついた十字架モチーフの黒いドレスに左右で素材が違うパフス
リーブ、肘と手首と足首に襞襟のようなラッフルを装着。髪飾りもアイメイクも黒で、完全なホラー仕様だ。白い襟とリボン、厚底のサンダルがとてもキュートだった。

 大きな階段を背にした大広間のフロアで、オープニングナンバー「ファッションモンスター」を披露。左右の双子は妹たち、後ろで踊るずんぐり男と魔女は父と母。そこに執事とちびっこダンサーの猫も加わり、ザ・ファミリーが勢揃いして「シリアスひとみ」「おとななこども」を続ける。造型のモデルは『アダムス・ファミリー』だろうか。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

 執事が「おやおや、思っていたより多くのみなさんが迷い込んでいるようですね」と再び高笑いし、きゃりーは「みんな〜、こっちで一緒に踊ろう!」と左手のステージに移動する。その背景にはスクリーンがあり、たくさんのファンたちがペンライトやタオルを手に踊る姿が映し出されていた。その動画をバックに「きらきらキラー」「キズナミ」とパーティーチューンを連発。

 振りも大人っぽく変えた「にんじゃりばんばん(Steve Aoki Remix)」では途中、ステージが3分割されてせり上がる。再び大広間へ戻って「もったいないとらんど」、インタールードを経て「おしえてダンスフロアー」。「ファミリーパーティー」では曲名そのままにファミリー総出で楽しそうに踊る。これが前半のハイライトだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる