『鬼滅の刃』挿入歌「竈門炭治郎のうた」はなぜ涙を誘う? 椎名豪&中川奈美が音楽で代弁した、登場人物たちの決意と想い

 今最も世間を賑わせている『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』がついに興収157億円を突破し、最終興収156億円の『アバター』を超えて国内歴代興収ランキング10位に躍り出た。とはいえ、本原稿執筆時点(11月2日)でまだ映画の公開から18日目。この人気ぶりだと今後さらにその記録を伸ばしそうだ。

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』公開中PV

 劇場版の公開に伴い、11月2日付のオリコンデイリーデジタルシングル(単曲)ランキングでは3位のKing Gnu「三文小説」を除いて、『鬼滅の刃』に関する楽曲がトップを独走している(参照)。1位は劇場版の主題歌であるLiSA「炎」、2位は同じくLiSAの楽曲で、TVアニメシリーズのオープニングテーマ「紅蓮華」。そして注目すべきは、4位にランクインした椎名豪 featuring 中川奈美「竈門炭治郎のうた」だ。1年以上前(2019年8月30日)に配信された同曲が再び注目された理由はいくつかあるが、劇場版公開の翌日10月17日にフジテレビ土曜プレミアムで放送された『鬼滅の刃 那田蜘蛛山編』で流れたこと、また劇場版の影響によりアニメシリーズそのものを見始めた/見返したファンがいたであろうことが、少なからず影響しているのではないかと思われる。

 まずは簡単に『鬼滅の刃』(以下、『鬼滅』)の物語を紹介したい。同作は『週刊少年ジャンプ』(集英社)で2016年11号から2020年24号まで連載された、吾峠呼世晴による同名漫画を原作としたもので、舞台は大正、人喰い鬼が存在する世界。主人公の炭治郎は竈門家の長男として生まれ、父の死後は大黒柱として母と下兄弟5人の生活を支えていた。しかし、ある日鬼によって家族全員が惨殺され、唯一生き残った妹の禰豆子は鬼に変貌。炭治郎は妹を人間に戻すため、厳しい訓練を経て鬼を退治する“鬼殺隊”に入隊する。

 土曜プレミアムで放送された那田蜘蛛山編は、TVアニメ第15話~第21話に該当。炭治郎は禰豆子を背負って、同期の剣士・我妻善逸、嘴平伊之助と共に那田蜘蛛山で繰り広げられている鬼との戦いに駆けつける。しかし、そこでは蜘蛛の能力を使う鬼の一家が猛威をふるい、先に派遣された剣士のほとんどが瀕死状態に。さらに、炭治郎は最強の鬼たちが属する十二鬼月の累と遭遇。苦戦を強いられた炭治郎は、走馬灯の中で生前の父が舞っていたヒノカミ神楽を見る。その場面からエンディングにかけて流れるのが、挿入歌「竈門炭治郎のうた」だ。

 作曲を手がけたのは、TVアニメと劇場版の劇伴にも携わる椎名豪。現在フリーで活躍する椎名は以前ナムコに所属し、同社が誇るゲームタイトル『テイルズ  オブ〜』や『ゴッドイーター』、『アイドルマスター』シリーズなどのサウンドを制作していた。物語が佳境を迎える場面で、壮大かつ神秘的な世界観を構築するサウンドに定評があり、TVアニメ『THE IDOLM@STER』(TBS・MBSほか)では高垣楓「こいかぜ」や如月千早「蒼い鳥」など、アニメ史に残る名曲を生み出している。

JC『鬼滅の刃』18巻発売記念スペシャルPV

 「竈門炭治郎のうた」もピアノの弾き語りと篠笛で構成されたシンプルで優しいメロディにてしっとりと始まるが、炭治郎が走馬灯から目覚め、再び累の首をはねるために立ち向かう場面からオーケストラ楽器が多用される。炭治郎が“ヒノカミ神楽・円舞”を、そして炭治郎の危機を察して加勢した禰豆子が“血鬼術・爆血”を繰り出す劇場版さながらの映像と相まって、観る人の感情を呼び起こすような感動をもたらす。この楽曲を歌う中川奈美は『鬼滅』のサブタイトルで流れる印象的な声をはじめ、あらゆる場面に「声」で登場する。幼い頃から民謡で鍛えられたその声は鬼の不気味さを引き立て、同時に戦闘シーンを盛り上げているが、「竈門炭治郎のうた」ではまた印象がガラッと変わる。炭治郎の純粋な心を物語るように響く透明感溢れるその歌声は、一方で炭治郎と禰豆子を見守り、時に背中をそっと押す母の想いを代弁しているかのようだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる