LiSA、劇場版『鬼滅の刃』主題歌「炎」が記録的ヒット スクリーンの外側で生きる一人ひとりにも寄り添う曲に

LiSA、劇場版『鬼滅の刃』主題歌「炎」が記録的ヒット スクリーンの外側で生きる一人ひとりにも寄り添う曲に

 LiSAが10月14日、シングル『炎』(読み:ほむら)とアルバム『LEO-NiNE』を同時リリースした。前者の表題曲は、10月16日公開の映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の主題歌。後者は、3年半ぶりのフルアルバム。どちらもリリース前から注目を集めていた。結果、オリコン「週間シングルランキング」「週間アルバムランキング」では2作が同時1位を獲得した。これは女性アーティスト作品としては歴代10組目で、宇多田ヒカル以来16年6カ月ぶり、令和では初の快挙となる。

 本稿では、シングルの表題曲「炎」をピックアップしたい。「炎」は、シングルリリースの2日前、10月12日より配信がスタートされ、各種配信サイトのチャートで55冠を達成した(参照:LiSA公式サイト)。この結果はおそらく、“2019年を代表するヒットソングとなったテレビアニメ『鬼滅の刃』のオープニングテーマ「紅蓮華」が名曲だったのだから、きっと「炎」も名曲だろう”といった、“LiSA×鬼滅”に対するリスナーの期待値の高さ、絶大な信頼感が招いたものだ。実際、原作漫画を読了済みで、映画でどのエピソードが描かれているのかを把握しているリスナーからは「泣ける」という声が続出している。

 また、配信翌日にYouTubeで公開されたMVは、24時間で200万回再生を突破(参照:LiSA_STAFF Twitter)。過去に発表されたMVよりも速いペースで数値を伸ばしている。海外ユーザーからのコメントが非常に多く、“LiSA×鬼滅”の世界的な広がりが読み取れた。

LiSA 『炎』 -MUSiC CLiP-

 アニメシリーズが最終回を迎え、原作が完結した今でも、多くの人が『鬼滅の刃』の話をしていて、「紅蓮華」が未だチャート上位に残留している現状がある。そして映画公開に向けて、勢いはさらに加速していた。特に、土曜21時からという多くの視聴が見込まれる時間帯に放送された、フジテレビ土曜プレミアム『鬼滅の刃 兄妹の絆』(10月10日放送)、『鬼滅の刃 那田蜘蛛山編』(10月17日放送)の影響力は大きかったのではないだろうか。

 LiSA本人も音楽メディアに留まらず、様々なジャンルのテレビ・ラジオ番組、雑誌等に出演。膨大な量の取材に応じた。ファンからしたら追うべき情報の量が多く、嬉しい悲鳴を上げざるを得ない状況だが、それに対し、彼女は、ハッシュタグ「#きょうのりさ」とともにメディア情報をまとめた手書きメモを自身のSNSアカウントに掲載。以前、この記事にも書いたように、情報のリリースやメディア出演のタイミングを調整することは曲をヒットさせるうえで考慮すべき要素ではある。しかし、それだけではなく、ライブもなかなかできないこの状況だからこそ、今回は特に“1個でも多くの楽しみをみんなと分かち合いたい”、“リリースというイベントを一つのきっかけしてみんなと盛り上がりたい”という想いが強かったのではないだろうか。そうでなければ、忙しいなか、わざわざ手書きでメモを作ったりしないだろう。

 シングル『炎』には、初回生産限定盤/期間生産限定盤/通常盤と3つの形態が存在し、それぞれ異なるパッケージングが施されている。今作に限らず、LiSAは元々、“CDには、CDならではの美味しさを”という考え方のアーティストであるように見えるし、それを受け取るのを楽しみにしているファンも多い(SNSでは、CDの購入報告をするファンの投稿もたくさん見受けられた)。結果として『炎』はアルバム『LEO-NiNE』と合わせて、オリコン週間音楽ランキング1位獲得数史上最多7冠を達成した。(参照:ORICON MUSIC

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる