嵐とファンによる『アラフェス 2020』を楽しむ前にーー誰もが“最前列”から見届ける、配信コンテンツ&ライブの見どころとは?

 『アラフェス』が7年ぶりに帰ってくる。当初、2020年5月の開催予定が新型コロナウイルスの影響により延期されていたが、本日11月3日にオンラインという形で配信される。『アラフェス』は通常のライブと異なり、事前にファンクラブ会員によるリクエストによりセットリストが構成されるなど、文字通り嵐とファンが共に作り上げる特別なフェスだ。配信を前に、今回の『アラフェス 2020 at 国立競技場』への期待を込め、その楽しみ方などを考察したい。

リクエストした曲は何位? ドキドキ感満載のセットリスト

 2008年に初めて国立競技場でライブを行って以来、2013年まで続いたライブの中で2012年、2013年と開催されたのが『アラフェス』だ。2回目の開催から7年、今年完成したばかりの新国立競技場に嵐が凱旋する形となった。当初5月15日、16日に開催予定であったが、新型コロナウイルスの影響により延期を発表した嵐の5人。それからは引き続き開催に向けて方法を模索していく。その様子は、10月31日に配信された『ARASHI’s Diary -Voyage-』(Netflix)最新話でも確認できる。そこで松本潤は、新国立競技場でのライブを『アラフェス』にしようと決めたいきさつを告白。また、5人が新国立競技場に立つことの意味をふまえ、櫻井翔はスタッフとのミーティングで「やりたい」と強く意思表示するシーンもあり、胸が熱くなった。

『ARASHI’s Diary -Voyage-』 第17話 予告編 – Netflix

 そして嵐の結成日である9月15日、無観客での配信ライブにて『アラフェス』を行うことを発表。配信日となる本日11月3日は、5人とファンのかけがえのない大切な日ーーそう、嵐のデビュー記念日なのだ。

 『アラフェス』の特徴は、ファンのリクエストによるランキングが発表されること。今回も事前にファンクラブ内で会員に向けアンケートが実施され、シングル曲(~10位)、カップリング曲、アルバム曲(~5位)に加え、メンバーごとのソロ曲(1曲)、その他(1曲)をファンがリクエスト。これにより、自分がリクエストした曲が何位なのかとワクワクしながら当日を迎えるのも『アラフェス』ならではの醍醐味である。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる