嵐のウラ側を“嵐大好きおじさん”たちが熱弁 FUJIWARA藤本「誰に引かれてもいいけど、嵐に引かれるのだけは……」

 10月23日に放送された『アメトーーク!』(テレビ朝日系)2時間スペシャルにて、嵐をこよなく愛するお笑い芸人たちが集まった「嵐大好きおじさん」がオンエアされた。

嵐

 「嵐大好きおじさん」として集まったのは、博多大吉(博多華丸・大吉)、ノブ(千鳥)、土田晃之、藤本敏史(FUJIWARA)、狩野英孝、吉村崇(平成ノブシコブシ)、塚地武雅(ドランクドラゴン)といった5人と共演経験のある面々。冒頭、嵐に対して“好きを超越してリスペクト”していると顔を見合わせて確認し合った7人は、「嵐大好きおじさん」について、全員がCDを毎回買い揃えるなどそこまでデータに詳しいマニアではないと断った上で、とにかく“嵐が好きである”ことを熱弁。マニアではない代わりに、普段テレビでしか嵐を観ていないであろう視聴者では知り得ない「ウラ側の嵐を知っている」と語る。土田は「(嵐に)会ってなお好きになるというか、逆に嵐に会って嫌いだって人を見たことがない」と、カメラがないところでも嵐の人柄がわかるコメントを発すると、普段バラエティでは饒舌な藤本は少し控えめな姿勢を見せ、「本当に(嵐が)好きで、誰に引かれてもいいけど嵐に引かれるのだけは……」と、その愛情の深さから前へ出ることを躊躇する一面も。

 さらに、VTRで嵐のヒットソングが紹介されると、塚地は好きな曲として「Believe」を挙げ、特に曲中のある櫻井翔によるラップパート=サクラップを緊張したり落ち込んだ時に聴きたくなると語る。そのため、ライブDVDでその部分の映像をスマートフォンで撮影し、緊張する場面ではその動画を見て気分を盛り上げていると、楽曲にまつわるエピソードを披露した。この話を受けてノブは「今日も塚地さん、メイク室で(サクラップを)やっていなかったですか?」と話すと、いつの間にか塚地が「Believe」のサクラップを披露する流れに。真剣な眼差しでサクラップを再現する塚地だが、最後の最後で痛恨のミスを犯してしまい、サクラップならぬ“おじラップ”では盛り上がれないと、スタジオ全体が爆笑に包まれた。

 さらに、嵐の魅力については、その人柄とプロ意識であると紹介。博多大吉は、嵐の松本潤と日本テレビのメイクルームで初めて会った際の状況を明かし、当時ジャニーズとお笑い芸人は仲が良くないという噂を聞いていた上で、鏡越しに目が合った松本に「おはようございます」と頭を下げると、わざわざ博多大吉の方を振り向き、しっかりと目を見て「おはようございます」と挨拶してくれた松本に対して感激したという。

 また、『VS嵐』(フジテレビ系)の前室で嵐と一緒になる時は、ついつい5人の行動を観察してしまうそうで、そこでは櫻井がテレビのリモコンを手にチャンネル権を握り、嵐全員でニュースをチェックしているという。藤本は、ABEMAの麻雀番組を松本がよく観ているというウラ情報を明かせば、吉村は『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)で共演する際のエピソードとして、番組のジャンクション収録前にメンバーがギリギリまで新曲のダンス練習をしている姿を目撃しているなど、まさに共演者でしか見ることのできない話が次々と飛び出した。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる