豆柴の大群は、“色物”ではなく“本物”だったーーパフォーマンスの努力が滲んだ初ワンマンライブ

豆柴の大群、“本物”を証明した初ワンマン

 豆柴の大群にとっての初ワンマンは、彼女たちが色物ではなく、本物であることを証明するためのライブだった。

 豆柴は本来5月13日に1stアルバム『スタート』をリリースし、同日にマイナビBLITZ赤坂で1stワンマンライブ『豆柴の大群のスタート』を開催する予定であった。しかし、そこにやってきたのが新型コロナウイルス。アルバムリリースは叶ったものの、ライブスケジュールは7月に延期から中止へ。改めて、日程を10月24日、場所を昭和女子大学人見記念講堂へと移し、ソーシャルディスタンスライブ『豆柴の大群のりりスタート』として昼、夜の2回公演が行われることとなった。

 発表こそされていないものの、その空白だった期間に頓挫したライブはほかにも数多くあったと想像する。そこで豆柴はパフォーマンスの経験を重ね、ワンマンライブに臨む予定であった。ほとんど豆粒(ファンの総称)に会えないことで生じてしまったのがそのパフォーマンス性への懐疑的な目。WACKには、古くから小箱を巡るライブハウスツアーで実力をつけ、ファンとの距離を縮めてきたオルタナティブな精神が根付いている。対して、豆柴は『水曜日のダウンタウン』(TBS系)内のアイドルオーディション企画「MONSTER IDOL」から生まれ、クロちゃん(安田大サーカス)のプロデュースによってデビューした、一言で言えば“異端の中の異端”。あらゆる行程をすっ飛ばし、avex traxからメジャーデビュー、その4日後に東京ドームで運動会イベント、さらに1000人以上のキャパシティのホールでワンマンライブと、グループの勢いと本人たちの実力が乖離しているのではないかと、特に古くからWACKを見てきているファンならば彼女たちを色物で見ている側面もあったように思う。

20201031-4k8a6155
20201030-4k8a6689
previous arrow
next arrow
 
20201031-4k8a6155
20201030-4k8a6689
previous arrow
next arrow

 1部、2部とどちらの公演も観た上で言うならば、豆柴メンバー5人のこれまでのレッスンの日々が目に浮かぶ、努力が滲むライブであった。セットリストはメジャーデビューシングル『AAA』収録の「サマバリ」や「恋のかけ算 ABCDEFG」など骨組みとなる曲の位置は同じであるが、そのほとんどの曲の順番を変えたもの。「りスタート」で豆粒の顔を見て涙ぐんでいた1部の幕開けから、2部では名刺代わりの1曲「豆柴の大群-お送りするのは人生劇場-」で勢いよくライブの口火を切る。

豆柴の大群

 特にそのパフォーマンスの努力値が垣間見えたのはパンクチューンの「FLASH」と対となる「そばにいてよ Baby angel」。ステージは後方にグループのロゴとスクリーンが用意されたカラフルで豪華なセット。「サマバリ」であればランプの魔人となったクロちゃん風のキャラがサイリウムを持ってポップに動いたりと、ライブの盛り上げに一役買っていたが、「FLASH」はスクリーンが消え、レーザーだけが会場を妖しく照らすのみ。必然と目線はスクリーンではなく、ステージ上のメンバーに向く。パフォーマンスで魅せる場面であり、そこには期待に応えようと激しく踊る5人の姿があった。続く「そばにいてよ Baby angel」では白い煙による特効が焚かれる中、メンバーが何度も飛び跳ね豆粒を煽っていく。メンバーに呼応して会場にヘドバンが起きているその光景を見た時には、少しばかり抱いていた気がかりはすっかり吹き飛んでいた。

豆柴の大群

 歌唱力に関してずば抜けていたのは、ハナエモンスター。それは音源を聴いていても明らかなことであるが、自身が作詞にも参加している「ガーデニング」のサビ終わりのロングトーンは思わず声を出してしまいたくなるほどに、心を掴まれる力強い気迫を感じさせた。「人生劇場」のナオ・オブ・ナオの艶やかな歌声、さらに「僕がいい」では伸びのあるミユキエンジェルの声も初のワンマンと思えない、堂々とした響きだ。

 オルタナでパンキッシュなWACK色の裏側で、クロちゃんプロデュース、またはアドバイスによる可愛らしい部分が前面に出た演出も多分に盛り込まれていた。「りスタート」や「ろけっとすたーと」、「恋のかけ算」などがそれらに当てはまるが、カエデフェニックスが振り付けを手がけた「君以外にモテたい」は、豆柴で最もキュートな楽曲と言える。曲中にはミユキがメンバーと客席に投げキッスを飛ばし、ラストは5人が腕で大きなハートマークを作るというコテコテのアイドルソングだ。言ってしまえば、ほかの各WACKグループにもポップな曲はあるものの、その両極をグループカラーとして打ち出し、一つのライブの中で見せられるのは豆柴の特色であり、今後大きな強みになっていく予感がした。

豆柴の大群

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる