ChouChoが語る、『灰色のサーガ』に込めた前向きな気持ち 「今まで以上に寄り添える楽曲を作っていけたら」

ChouChoが語る、『灰色のサーガ』に込めた前向きな気持ち 「今まで以上に寄り添える楽曲を作っていけたら」

 ChouChoがニューシングル『灰色のサーガ』をリリース。表題曲はアニメ『魔女の旅々』(AT-Xほか)のエンディングテーマで、異国情緒あふれるスケールの大きな雰囲気のなかに、変拍子や民族楽器を取り入れるなど様々なアイデアが込められ、彼女らしい一筋縄ではいかない楽曲に仕上がった。またカップリング曲「hide and seek」には、自粛期間中に感じたファンへの思いが、新たな挑戦と共に歌われており、彼女の歌詞やサウンドに向けた情熱が感じられる。自ら作詞作曲も手がけるChouChoの制作におけるこだわりと、自粛期間に感じた思いを語ってもらった。(榑林史章)

魔女の呪文も取り入れたミステリアスな楽曲

ーー今回の「灰色のサーガ」は、アニメ『魔女の旅々』のエンディングテーマですが、アニメタイアップで気をつけているのは?

ChouCho:アニメ作品の世界観や雰囲気を、大切にすることを心がけています。今回は魔女の女の子が主人公でファンタジー感あふれる世界観なので、青春ものアニメを手がける時とは違ったスケールの大きさ、ファンタジーならではの広がりみたいなものを、サウンドからも感じてもらえたら良いなと思って作りました。

ーー具体的には、どういうところに表れていますか?

ChouCho:たくさんの種類の楽器を重ねていて、世界観というところで民族的な音もたくさん入っています。あと魔女という存在のミステリアスな感じを表現するのに変拍子を使っていて、基本的には8分の6拍子なんですけど、イントロとBメロなどで8分の5拍子が出てきます。

ーー拍子が途中で変わると、歌いづらかったりしないですか?

ChouCho:それが、意外とすんなり歌えるんです。きっと自分で作曲しているからだと思います。鼻歌で作っている時は拍子を気にしないで作っているので、それがあたかも当然かのように自然と歌えます。みなさんがカラオケで歌おうとすると難しいかもしれませんが、そこは何度も聴き込んで挑戦してもらえたらうれしいです。

ーー今回作詞だけでなく作曲もされていて。曲先ですか?

ChouCho:私が作る場合は、それが多いですね。最初は鼻歌を歌いながら頭で考えて、その鼻歌をスマホのボイスメモにどんどん溜めていって。良いなと思うメロディが浮かんだら、それを聴きながらキーボードでコードを付けて、それをパソコンに落とし込んでいくという流れです。

ーー今回はアニメ側から、明るすぎず暗すぎずというオーダーがあったそうですね。

ChouCho:はい。先ほどお話しした通りお話のテイストが様々で、放送回によって明るかったりダークだったりして、毎回いろいろな気持ちになると思うんです。その流れでエンディングテーマが流れるので、どの回で流れても違和感のない楽曲にしたいと思って作りました。

ーー明るさと暗さというのは、単純にメジャーコードとマイナーコードと言い換えることができると思いますが、それが1曲に混在しているという。

ChouCho:そうですね。この楽曲はすごくわかりやすくて、Aメロの1回し目がマイナーコードで、2回し目が同じメロディだけど、メジャーコードになっているんです。作品の持っている両面性みたいなものが、こういうところでわかりやすく表現しています。

ーー楽器もいろいろな種類を使ったと。

ChouCho:シタールとかマンドリンとか、イントロからいきなり使っていて。そういう民族楽器の音によって、異国情緒を感じてもらえるように狙いました。アニメの舞台が美しい自然のある世界観で、そこを旅するということで、レコーディングの時にどんどん重ねてもらいました。

ーーシタールとマンドリンは生で?

ChouCho:生で弾いてもらいました。いつもライブなどでギターを弾いてもらっている、ギタリストの佐々木“コジロー”貴之さんに弾いてもらいました。とても器用な方で、ギター以外も演奏できてしまうんです。

ーーでもメインはピアノの音で。

ChouCho:ピアノの雰囲気は、最初から頭のなかで構想していました。ピアノの音はバンドやストリングス、民族楽器などどんな音とも合うし、自分の声との相性がすごく良くて。それで自分のアコースティックライブでは、グランドピアノを入れています。私の楽曲には欠かせない楽器のひとつです。

ーーあと、この曲のポイントとして、コーラスをたくさん重ねているところも重要ですね。

ChouCho:そうですね。コーラスを重ねることで、世界観の広がりとか空気感を表現しました。特に間奏はすごくたくさん重ねていて、ウーアー系のコーラスをウィスパーボイスで歌っています。

ーー間奏では、ベースのソロが出てくる。普通はピアノやギターのソロを選びそうですが、ベースなのが意外で印象に残りました。

ChouCho:そこだけ急に雲が晴れたかのようなイメージになるので、私も好きなところです。音数が少なくなって、すごくベースが引き立っていて。ベースのアイデアは、編曲をしてくださった村山☆潤さんからの提案です。

ーーコーラスは英語っぽいですけど、何と歌っているんですか?

ChouCho:魔女のお話なので、そこは呪文的な感じを入れたいなと思って。英語ですけど、特に意味はないんです。聴いた時の語感で、耳障りが良くて音にハマる英単語を選んで歌っていて。だから、歌詞カードにも表記していないんです。

ーー歌詞は、シナリオを読んで感じたことにChouChoさん自身の気持ちも重ねながら書いている。ここに込めた、いちばん感じ取ってほしいメッセージは何ですか?

ChouCho:楽曲はミステリアスな部分がありますけど、歌詞はけっこう普遍的で前向きなことを歌っています。いろいろな国を旅する主人公の魔女・イレイナについて書いてはいますけど、この旅というのは人生の旅にも置き換えられるわけで、〈出会い 学び 選ぶ道で〉という歌詞も、誰もが経験することだと思います。何か具体的なメッセージを込めているわけではありませんが、何となくでいいので前向きなものを感じ取っていただけたらうれしいです。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる