乃木坂46、Instagramで個々の人気を拡大か 秋元真夏、堀未央奈、大園桃子ら続々と開設の背景

 乃木坂46のメンバーが続々とInstagramの個人アカウントを開設し始めている。現在、アカウントを持っているメンバーと開設日は以下の通り。

乃木坂46 秋元真夏2nd写真集 『しあわせにしたい』
乃木坂46 秋元真夏2nd写真集 『しあわせにしたい』

2019年6月29日
松村沙友理

2020年4月21日
高山一実

2020年7月5日
生田絵梨花

2020年9月13日
大園桃子

2020年9月23日
寺田蘭世

2020年9月24日
堀未央奈

2020年10月1日
秋元真夏

 これまで、インスタはグループから卒業したメンバーが個人として開設する流れが主流であり、乃木坂46のメンバー個人としての発信場所はブログか会員限定モバイルメール、グループのTwitterアカウント内での「by ○○○○」といったツイート、SNS「755」、またはSHOWROOMでの配信といったところだった。グループとしてだけでなく個人でのメディア出演が増える昨今。その注目の受け皿の一つに選ばれたのがインスタのスタート。これからは、既存のファンだけでなく、より広い層に開けた発信が期待できる。

 現在、アカウントを開設したメンバーのパターンは3つ。映画『東京ワイン会ピープル』の出演を機にスタートした松村を始め、著書『トラペジウム』の文庫本が発売となった高山、様々な舞台への出演が控えている生田(期間限定での開設)の3人に、それぞれ誕生日を迎えた大園と寺田、自身の写真集アカウントをそのまま個人用としてスライドした堀と秋元の2人だ。写真集『夢の近く』を発売したばかりの梅澤美波は、ストーリーズの機能でのみ本人が現在も投稿をしており、同じ運用だった山下美月や与田祐希にも今後個人アカウントの開設が期待できるだろう。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる