乃木坂46 中田花奈、『テレ東音楽祭』「おいでシャンプー」センターにファンが湧く理由 年内卒業に向けての活躍を振り返る

 9月30日放送の音楽特番『テレ東音楽祭2020秋 ~思わず歌いたくなる!最強ヒットソング100連発~』(テレビ東京系)に乃木坂46が出演。2012年リリースの2ndシングル「おいでシャンプー」を披露し、そのセンターを年内の卒業を発表している中田花奈が務める。

乃木坂46『おいでシャンプー』(Type-C)
乃木坂46『おいでシャンプー』(Type-C)

 「おいでシャンプー」は中田がフロントメンバーを担当する楽曲で、選抜発表当初はフロント3名をセンターとする考え方で生駒里奈、桜井玲香と共に幻のセンターを任せられていた。時が経ち、単独センターを務めた生駒と桜井が卒業。今では当時のオリジナルメンバーも数名という中、放送当日は10月に卒業ライブを控える白石麻衣も駆けつけ、最初で最後の中田のセンターに華を添える。オンエアでは1期生の絆を感じさせるパフォーマンスとなることだろう。

 また、「おいでシャンプー」と言えば「ナカダカナシカコール」がファンの間では恒例の楽曲でもある。間奏のメロディラインに合わせて「ナカダカナシカ! ナカダカナシカ! 俺のナーカーダカナシカ!」と叫ぶコールで、いつしかライブではカメラが中田を抜くのが定番に。『乃木坂工事中』(テレビ東京系)では矢久保美緒がペンライトを両手に握り披露したこともある。中田もブログで「コールお願いしちゃっていいですかね?」と綴っており、オンエア時にはトレンドを賑わすであろうTwitterの盛り上がりにも期待だ。

 中田は7月10日にアシスタントとして出演する『沈黙の金曜日』(FM FUJI)で卒業を発表。本来の予定では昨年にグループから卒業をしているはずであったが、冠番組『かなりんのトップ目とれるカナ?』(TBSチャンネル1)のスタートや、卒業を発表する場所に選ぶほど大事な存在となった『沈黙の金曜日』のおかげで、まだ乃木坂46にいようと思えていたという。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる