『I-LAND』、7名が新グループ ENHYPENとしてデビューへ 惜しくも脱落したのはケイ&ダニエル

『I-LAND』、7名が新グループ ENHYPENとしてデビューへ 惜しくも脱落したのはケイ&ダニエル

 世界中のK-POPファンの注目を集めた、Big Hit EntertainmentとCJ ENMによるアイドル育成のためのサバイバルリアリティ番組『I-LAND』が9月18日に最終回を迎えた。

 グローバルに活躍するアイドルとしてのデビューをかけ、22人の練習生が人生をかけて113日間に渡る戦いをくぐり抜けた。

 最終メンバーによる「I&Credible」のパフォーマンスからスタートした最終回は、これまでに脱落した13人の練習生もいる会場からの生放送。また、ゲストとしてTOMORROW X TOGETHERやBTSの姿も見えた。

 ここまでに残ったのはケイ(K)・ニキ(NIKI)・ソヌ(SUNOO)・ヒスン(HEESEUNG)・ソンフン(SUNGHOON)・ジェイ(JAY)・ジェイク(JAKE)・ダニエル(DANIEL)・ジョンウォン(JUNGWON)(前回の個人ランク順)の9人。この中から最終的にグローバル視聴者によって選択された6人、そして審査員に選ばれた1人の合わせて7人が選ばれることとなった。

『I-LAND』

 通算7回目となるファイナルテストは、9人で一つの舞台を完成させるというもの。課題曲はオリジナルソング「Calling(Run to you)」。スローな動き出しから鮮やかなステップや群舞までを含んだ、完成度や能力が求められるパフォーマンスだ。

 パート決めでは、全員の推薦からケイとヒスンがツートップを務めることに。推薦や立候補で順当に残りも決まっていった。推薦によりリーダーはケイ、ダンスリーダーはニキ、ボーカルリーダーはヒスンが務めることに。準備期間中、“終わったら恋しくなる気がする” ”仲間と一緒にデビューしたい”という言葉が何度も聞こえたことも印象的だった。 

 最後のステージに向け、9人全員の眼差しが掴み取る夢に向けてギラギラと光っていた。選ばれた7人は、つながり/発展/成長の意味が込められた「ENHYPEN」としてデビューする。

 練習生の仲間や先輩からの声援に包まれつつ、“アイランダー”として最後の舞台が幕を開けた。ここまで駆け抜けてきた彼らの舞台はもはや練習生のレベルからは抜け出している。9人の息の揃ったダンス、そして一人ひとりのアピールポイントで観客から生放送を見ている世界中のファンまでを魅了するステージだったと言えるだろう。

『I-LAND』

 BigHit代表であるパン・シヒョク氏からは「プロとしての最後のステップにふさわしい舞台だった」とのコメントが。振付師のソン・ソンドゥク氏からは、前回思い通りにいかなかったジェイクやジョンウォンに対しても良いフィードバックが送られた。全ての審査員から9人に対して労いの言葉や努力に対する称賛の言葉が送られ、どのメンバーもPART1からここまでを通して大きな成長を遂げたことがありありと伺えた。

 舞台を終えた9人に対して、BTSのJ-HOPEからは「本質を忘れない。初心を忘れないことが大事だ」、JIMINからも「応援してくれる人を忘れない。メンバーを愛する」というデビューに向けた言葉が送られた。JUNGKOOKも、「全員がうまかったけれど、ジョンウォンくんが上手で記憶に残っています。僕も今まで情熱一つでここまで来ました。今の気持ちを忘れないでほしいです」とコメントした。

『I-LAND』

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる