ゴールデンボンバー 鬼龍院翔が振り返る、配信ライブとその後の報道 チケット価格設定の背景も明かす

ゴールデンボンバー 鬼龍院翔が振り返る、配信ライブとその後の報道 チケット価格設定の背景も明かす

「ライブ会場の熱気は“人を狂わせる力”があった」

――なるほど。そして、MCでもおっしゃっていましたが、今回は有料ライブだったからこそ、尖ったこともできたという部分はあったと思うんです。

鬼龍院翔
鬼龍院翔

鬼龍院:無料ライブと有料ライブは、結構違ってきますよね。有料ライブは「観たい」という確固たる意志がある人じゃないと観てくれないですし。ワンクリックで観ることのできる無料ライブと違って、「チケットの購入ページへ行く」、「チケットの支払い方法を選択する」だとかのめんどくさい手順を踏んで、その上金銭を喪失してまで、「チケットを購入」してくれるのは、すごいことなんですよ。

 以前、松本人志さんの『松本坊主』というエッセイ本を読んだ時に、チケット料金が1万円するコントライブ(『寸止め海峡(仮題)』)をやって、金額を高く設定することで、観ている人のハードルを限界まで高めた上で勝負したかったというエピソードがあったんです。僕らも単にお金をせしめたかったわけではなく、有料か無料か、高額かそうでないかで、観る人の心構えが変わってくるんですよね。だからこそ、いつもリーズナブルなゴールデンボンバーにしては、3500円という強気の価格設定だったんです。

――3500円、人気アーティストの配信ライブとしては平均的価格ですよ。

鬼龍院:「エアーバンド」っていうのが、ゴールデンボンバーにはついてまわるので、自分にも発破をかけるというか、その分気合いを入れて頑張らなきゃというような要素にはなりますけどね。やっぱり音楽で、ライブで、ご飯を食べていくのが、バンドマンの生き方だと思うので。「無料にしてください」という人もいるけど、無料はなぁ……。

 Jin-Machine(※ゴールデンボンバーと同期のV系バンド)は無料の日と有料の日を分けて開催して、無料の日は初めて観る人に向けて間口を広げて、有料の日は自分たちのファンに向けた内容にしていて、「なるほどなぁ」と思いました。そういう使い方もいいのかな、と。

――大抵のライブチケットは現金で購入できますけど、配信ライブはサービスによってはクレジットカード決済のみの場合もありますしね。

鬼龍院:色々な理由で有料ライブは厳しいって人はいると思うので、無料ワンマン配信はなにかの機会でやってみたいとは思うけど、今は有料でやっていくしかないですね。

――そして、配信ライブの大きな長所として、決済ができれば地域は関係なくどこでも観ることができる。家庭の事情でライブに行けなかった人も、リアルタイムで楽しむことができるのは利点ではありますよね。

鬼龍院:たしかに、そんな風に「地方だからライブに行けない」、「事情があって家を開けられない」という人からの声はたくさん届いていたので、それはメリットですよね。だけど、その人たちも、僕らのライブに一度も来たことがなかった人もいるけれど、大半の人は生のライブを観た経験があって、それが楽しかったから、オンラインライブを観る人がほとんどです。

 あまり絶望的なことをいってもしょうがないですけど、最初のオンラインライブを観た人でも、今後3回4回と続いていくと、喜びや感動も薄れると思うんです。人間は慣れていく生き物だから。そこに対して、どう工夫してやっていくかが大事になっていくと思うんです。

――演出やセットリストは変わっても、生で観るのと画面を通すのは「体験」として違ってきますよね。

鬼龍院:今まで散々生演奏を否定してきた僕が言うのも何なのですが(笑)。確実に、生のライブの方が良いと思っています。エンターテインメントを届ける側の人間は「このライブを5回やったとして、お客さんがどう感じるか」を考えていかないといけない。

 8月のライブは、観ている人の満足度も高かったと思うけれど、これと同じ形式を何度もやっていけるかというと、回を重ねるごとに満足度や数字は下がっていくのは確実だと思っています。もちろん、ひとつの形式としてあのライブはアリです。だけど、もう少し他にも武器を持っていたいんですよね。バンド活動というのは、マンネリとの戦いですからね。世の中のどんなバンドも「セットリストがマンネリ」だとか、毎年言われていると思うんですよ。

――そういう声はあるとして、ツアーのセットリストが毎回ほぼ同じでも、ネタバレしていたとしても、現場に何度も通う人はたくさんいたと思うんです。やっぱり現場はどこでも一回きりのものなので。とはいえ、配信ライブでそれが可能かというと……。

鬼龍院:ライブ会場の熱気というのは、人を狂わせる力があったんですよね。冷静に考えると、皆、かなりの労力を使って会場に足を運んでいる。家族とかに言われるわけですよ、「どうしてそんなにチケット代高いものに苦労して行ってるんだ?」とか、「同じライブに何回も行ってんだ?」とか。結局、今までが異常だったということなのかもしれないですが(笑)。

 音楽というものは、日々の生活に華を添えるくらいのものなので、結局は皆今の生活に慣れていくと思うんです。それに、この世界も数年経てば元に戻ると思うので、そうしたらまた、以前と同じように、ライブを観るためにたくさん移動してくれたりして、元通りの関係性というか、未来に進んでいくと思うんです。

合わせて読みたい

ゴールデンボンバー 鬼龍院翔が明かす、オンラインライブへの意識と今後 「アーティスト同士は刺激しあうべき」
ゴールデンボンバー 鬼龍院翔が語る、変わらぬスタンスと理想のリーダー像「こんな状況でもたくましく活動できるって思いたい」
ゴールデンボンバー 鬼龍院翔に聞く、“癒し動画”投稿の背景 現在の課題や不安を煽らない発信方法も明かす

■リリース情報
鬼龍院 翔 リクエストカバーアルバム『うたってきりりんぱ 2nd Season』
2020年11月28日(土)リリース
通販限定CD

[CDのみ] ¥1,818+税 EAZZ-5026
<CD収録曲>全10曲
01. 1/3の純情な感情(SIAM SHADE)
02. 飾りじゃないのよ涙は(中森明菜)
03. Maybe Blue(ユニコーン)
04. ヴァンパイア(Janne Da Arc)
05. 雪の華(中島美嘉)
06. 粉雪(レミオロメン)
07. ワインレッドの心(安全地帯)
08. ガラスのメモリーズ(TUBE)
09. 命に嫌われている。(カンザキイオリ)
10. 歌うたいのバラッド(斉藤和義)

予約・詳細はこちら

■配信ライブ情報
『ゴールデンボンバー全国縦断無観客ライブ「エアーツアー」3days』

長距離移動が何かと難儀なこのご時世に、せめて配信上だけでもツアー先でのライブの雰囲気をお届けできないものかという考えから、
今回は毎回「これでもか」というくらい各地の要素や雰囲気を醸し出したライブや、ご当地名物を食べながら行うトークを都内からお届けします。

10月16日(金)エアーツアー~気持ちは北海道~
10月17日(土)エアーツアー~気持ちは大阪~
10月18日(日)エアーツアー~気持ちは沖縄~

ライブ情報はこちら

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる