怒髪天、京都磔磔から無観客生配信ライブ『響都ノ宴』を届けた意味 リハーサルから本番までを徹底レポート

怒髪天、京都磔磔から無観客生配信ライブ『響都ノ宴』を届けた意味 リハーサルから本番までを徹底レポート

「バンド、最高だよ。2曲終わったくらいでグッときちゃったもんね。バンド、最高だよ」

 汗を拭いながらそう口にする増子直純(Vo)。ライブ開始からまだ4曲しか演奏していないが、その表情にはこの上ない満足感が溢れていた。世界中のアーティスト、バンドが思うようにライブができない渦中でライブができること、それがたとえ無観客であってもライブハウスでライブをやるという、バンドにとって当たり前のことに喜びを感じている、そんなふうに見えた。

 怒髪天が約半年ぶりに行ったライブはホームグラウンドというべきライブハウス、京都・磔磔から無観客で送る生配信ライブだった。お祭り好きで宴会好き、ファンを驚かせ喜ばせることが大好きな彼ららしく、通常のライブでは出来ない客席フロアにセッティングされた楽器、対面式の円陣配置によって紡ぎ出される唯一無二のグルーヴ、そして生配信ライブの概念を覆すような4人の表情を余すことなく捉えた巧妙なカメラワークで、誰も真似することの出来ないアツいライブを作り上げながら、その臨場感を余すことなくお茶の間に届けた。『怒髪天 delivery 響都ノ宴 “カラダ立ち入り禁止。第一回、タマシイ限定ライブ。カモン!俺達界隈(魂のみ)。”』は、まさにタイトル通り、全国から、海外から、俺達界隈(怒髪天ファンを指す言葉)の魂は確かに磔磔に集まっていた。

いざ、京都磔磔へ

 怒髪天が初となる無観客生配信ライブ、しかも『響都ノ宴』として磔磔で行うと聞いたとき、とんでもない内容になると思った。『響都ノ宴』とは怒髪天が2008年秋より磔磔で毎年開催しているイベントである。一風変わったワンマンライブからジャンルを超えたドリームマッチ、トークイベントに至るまで何でもありの内容で、怒髪天らしいユーモアさと元酒蔵の磔磔が醸す雰囲気が見事に融合した祭りだ。今回は無観客配信の特別版。事前に発表された告知では、増子が「猫も杓子も配信だなんてやっていて、いろいろ観たけど面白いのひとつもないね。俺たち、怒髪天が配信をただやるわけがない」と自らハードルを思いきり上げていたのだ。期待せざるを得ない。

 怒髪天はいつも我々の想像の遥か斜め上を行く演出で度肝を抜いてきた。ふんどし隊に担がれた神輿に乗って登場した『RISING SUN ROCK FESTIVAL』、回転やぐらのステージにセクシーなサンバダンサーまで入り乱れた『SPACE SHOWER TV“LIVE with YOU”』、昨年行われた結成35周年「ドハツの日」は、「坂詰の日」と言わんばかりの坂詰克彦(Dr)フィーチャーの内容で、LAメタルバンドさながらにドラムセットが上昇、ドラムセットがリフトアップする中でドラムソロを披露(参照:怒髪天が繰り広げたエンターテインメントショウ 結成35周年“ドハツの日”公演レポ)……など、あげればキリがない。今回は何をやらかしてくれるのだろうか。バンド初となる無観客生配信ライブを行う場所として磔磔を選んだ意味、秋の恒例イベント『響都ノ宴』をこの時期にやる意図……、それをきちんとこの目で確認すべく、私は京都へと向かった。

 会場となる磔磔は大通りから路地に入った閑静な住宅街にある。元々は大正時代に建てられた酒蔵で、フロア中央に経つ大黒柱、高い天井を見上げれば“大正六年五月十五日”と築月日が書かれた梁が重厚な趣を漂わせている。そんな雰囲気はもちろんだが、木造であるために音の響きが良く、古くから国内外多くのアーティストに愛され続けている老舗ライブハウスだ。

 雨が降りしきる中、会場に足を踏み入れると予想もしていなかった光景が広がっていた。

 普段であればオーディエンスが埋め尽くす客席フロアにセッティングされた楽器、巨大なクレーンをはじめとした膨大なカメラ機材の数々……。普段はバンドが演奏するステージ上にはそれらを制御するコントロール卓やモニターが置かれている。いつもとまるで違う磔磔の雰囲気の中、天井から吊り下げられた『響都ノ宴』の大きな提灯が風情と情緒を司る。とんでもない配信になることは一目瞭然だった。

手抜き一切なし、本気のリハーサル

「新曲からやろうか」

 15時すぎ、増子の声でリハーサルが始まる。数えきれないほどライブを行ってきた、やり慣れたはずのライブハウスだが、こうした形の客席フロアで演奏するのは初めてのこと。いつもと勝手の違う雰囲気と音響に戸惑いながら、入念に確認をおこなっていく。増子の持ち場は入り口付近の土間になっており、歌いながら凹凸のある足場をしっかりと踏んで確かめている。

「『グレナン(GREAT NUMBER)』(テンポが)遅かったのかな、あんま早いのもあれだけど」(増子)

 本番さながらの演奏で全身全霊のリハーサル。サウンドメイクとモニターの返し、演奏自体はもちろんだが、カメラ位置の確認も余念がない。次第に慣れてきたのかメンバーの表情にも余裕が出てきた。「坂さん、それヘルペス?」マスクを外した坂詰に増子がそう声をかけるといつも通りの和やかな雰囲気になる。

坂詰克彦(Dr)

 最後はオープニングの確認。楽屋のある2階から階段で降りて、それぞれの配置につき、オープニングナンバーを演奏する。何の問題もなく気迫に満ちた演奏だと思ったが、「コーラス間違えたよね? しっかりやろう」と増子から3人に檄が飛んだ。

 こうして2時間に渡るリハーサルは終了した。

 「橋本龍太郎みたいだなぁ」増子がマイライトを設置した鏡の前で髪をセットしながらつぶやく。開演前、各々準備をする楽屋はリラックスした空気に包まれている。「身体硬くなったんだよ、昔は足を首の後ろで組めたんだけどね。ああ見えて坂さんは柔らかいんだよ」とストレッチしながら増子が坂詰を呼び寄せる。機嫌よく前屈するが指すら床につかない坂詰……。その横で通りがかった上原子友康(Gt)が余裕綽々で床に手のひらをつけて見せる。そんな、本番前の楽屋風景である。

「あと10分くらい? こないだの『うたコン』(NHK総合・7月7日放送)はヤバいくらい緊張したけど、今日はスタッフしかいないから緊張しないね(笑)」(増子)

 穏やかな雰囲気の中、本番の時間を迎えた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる