Lamb Of God、Xibalba、Oranssi Pazuzu……エクストリームメタル界の“今”を切り取った新作7選

 2020年も気づけば2分の1が終了。そのうちの半分は新型コロナウイルスの影響で、今年冒頭のような日常を送ることができなくなってしまい、音楽界においてもライブ活動自粛やリリース延期などネガティブな話題ばかりを耳にするようになりました。その一方で、世に届けられるハードロック/ヘヴィメタルやエクストリームメタルシーンの新作は、例年以上にクオリティの高いものばかりという印象もあります。今年前半を振り返っても、ビッグネームの話題作から意外な掘り出しモノまで個性豊かな良作三昧でリスナーを楽しませてくれました。

 今回紹介する5〜6月リリースの新作7枚もその例から漏れず、それぞれに強い個性を放つ力作揃い。いまだ悶々とした日々を過ごす音楽ファンに、今だからこそ爆音で楽しんでもらいたい良作の数々を紹介していきたいと思います。

Lamb Of God『Lamb Of God』

Lamb Of God『Lamb Of God』

 21世紀のUSメタル界においてもっとも強い影響力を持つバンド、Lamb Of Godが5年ぶりとなる待望の8thアルバム『Lamb Of God』をリリースしました。新型コロナウイルスの影響により発売が1カ月延期となっていた本作は、名手クリス・アドラー(Dr)に代わりアート・クルーズ(Dr/ex. Prong)を迎えて制作した初のアルバムで、アルバムタイトルにバンド名を冠した究極の1枚と言えます。

 Pantera以降の流れを汲むグルーヴィでハードコアなメタルサウンドはそのままに、全体的にコンパクトにまとめられた作風は過去のアルバム中もっとも聴きやすい内容に仕上がっています。だからといってその攻撃性は過激さが後退したわけではなく、従来の“らしさ”を維持しつつも(この手のサウンドとしては)非常にポピュラリティの高さが感じられる絶妙なバランス感で成り立っている。職人技に徹した新ドラマーの仕事ぶりも影響してなのか、最後まで耳が疲れることなく楽しむことができるのです。質感や方向性は異なるものの、本作はMetallicaにおける『ブラック・アルバム』(1991年発売の大ヒット作『Metallica』)に通ずる1枚になりそうな気がします。

Lamb of God – Gears (Official Music Video)

The Ghost Inside『The Ghost Inside』

The Ghost Inside『The Ghost Inside』

 LA出身のメタルコアバンド、The Ghost Insideも初めてバンド名を冠したセルフタイトル作『The Ghost Inside』をリリース。彼らは2015年11月、ツアーバスの事故によりドラマーが片足を切断する大怪我を負い、活動休止に追い込まれました。しかし、2018年春に事故後初となるリハーサルを開始すると、翌2019年夏には復活ライブを開催。そのままレコーディングに突入し、待望の5thアルバムを完成させました。

 ドライバーが死亡するほどの大事故、メンバーの大怪我という悲劇を乗り越えて届けられた本作は、嫌が応にも“奇跡の復活”というフィルターを一枚通して接することになってしまいますが、当のバンドはそんなことお構いなしの王道メタルコアサウンドを高らかに響かせています。新鮮さや革新的な要素は皆無ですが、終始安心して身を委ねられるメタルコア・サウンドはこの手のバンドが好きな人にはたまらない1枚。アルバムラストを飾る「Aftermath」に到達する頃には、きっと前述のネガティブな話題を忘れ、無心で頭を振っていることでしょう。なお、同曲のMVでは事故発生当時のニュース映像がフィーチャーされているので、そのへんのバックグラウンドが気になる人は細かくチェックしてみてください。

The Ghost Inside – “Aftermath”

Machine Head『Civil Unrest』

Machine Head『Civil Unrest』

 続いて紹介するのは、6月半ばにデジタルリリースされたMachine Headの最新シングル『Civil Unrest』。Machine Headは現時点での最新アルバム『Catharsis』(2018年)発表後は、デビューアルバム『Burn My Eyes』(1994年)リリース時のメンバーを迎えて同作からの楽曲を再録音したり、最新ラインナップによる新曲「Do Or Die」を配信リリースしたりと、創作面でも精力的な活動を続けています。

 今回配信されたデジタルシングルに収録された2曲は、2018年に録音された音源がもとになっており、アマド・オーブリー氏やジョージ・フロイド氏が殺害されたアメリカでの黒人差別問題を受けて新たに制作された歌詞が乗せられています。このうちの1曲「Stop The Bleeding」ではKillswitch Engageのジェシー・リーチ(Vo)をフィーチャー。『Catharsis』ではソフィスティケイトされたモダンサウンドで賛否両論を巻き起こしましたが、本シングルではMachine Head本来のアグレッシブさが前面に打ち出された、怒りに満ちたサウンドを堪能することができます。

MACHINE HEAD – Stop The Bleeding feat. Jesse Leach (OFFICIAL MUSIC VIDEO)

Xibalba『Años En Infierno』

Xibalba『Años En Infierno』

 Xibalba(ジバルバ)は“デスメタル×ハードコア”なヘヴィさが武器の、カリフォルニア出身のブルータルハードコアバンド。バンド名やアルバムタイトルから伝わる非英語圏要素と、スペイン語を用いた歌詞、デスメタルからの影響を強く感じさせながらも基軸はあくまでハードコアというスタイル、ドゥーミーかつパーカッシヴなスローパートからダンサブルな色合いも見え隠れする独創性の強いサウンドは、ブラジルのSepulturaやSoulflyを彷彿とさせるものがあります。

 実に5年ぶりの新作となるこの4thアルバム『Años En Infierno』では、ハードコアバンドらしいスピード感と、スラッジメタルや初期デスメタルにも通ずるスロー&ヘヴィさを自在に操るブルータルなサウンドが際立っており、ラテンアメリカ直系のトライバルなリズムが強化されたことでSepulturaの名盤『Roots』(1996年)にも匹敵するモダンメタル的質感を持つ良作に仕上がっています。「デスメタルなのか、それともハードコアなのか?」というカテゴライズはもはや不要の、モダンさとオールドスクール的側面を併せ持つ2020年らしい1枚と言えるでしょう。

XIBALBA – En la Oscuridad

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「新譜キュレーション」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!