西廣智一が選ぶ、2019年ラウドロック年間ベスト10 BMTH、Russian Circles、Slipknotなど意欲作が気になる1年に

1. Bring Me The Horizon『Amo』
2. Tool『Fear Inoculum』
3. Russian Circles『Blood Year』
4. Leprous『Pitfalls』
5. Killswitch Engage『Atonement』
6. Slipknot『We Are Not Your Kind』
7. Baroness『Gold & Grey』
8. Gatecreeper『Deserted』
9. Mamiffer『The Brilliant Tabernacle』
10. Alcest『Spiritual Instinct』

 ここ数年、シーンを象徴するようなビッグネームの活動終了(解散)やメンバーの急逝などネガティブな話題が多い印象のあったHR/HMやラウドロックシーンですが、2019年は比較的ポジティブなトピックが多かった印象があります。

 国内では3月に初開催された『Download Festival Japan 2019』』がソールドアウトと大盛況。ヘッドライナーのオジー・オズボーンが直前にキャンセルとなるハプニングこそあったものの、それに代わってJudas Priestが急な対応ぶりを見せ、最後の来日となったSlayerも熱演。また、海外ではトップビルへと急成長したGhostもその壮大なステージングで観るものを沸かせるなど、印象的な1日となりました。『Download Festival Japan』は2020年3月に次回開催が決定しており、再結成を発表したMy Chemical Romanceがヘッドライナーを務める予定です。

 また、BABYMETALは6月にイギリスで開催された世界最大級の音楽フェス『Glastonbury Festival 2019』に出演し、イギリス国内でも「メインステージのひとつで初めてプレイするJ-POPアーティスト」と紹介され話題になりました。さらに、10月に発表した『METAL GALAXY』は米ビルボードアルバムチャート“Billboard 200”で初登場13位という好記録も樹立しています。

 海外に目を向けると、メタルを含むロック勢はセールスでかなり苦戦しており、かつてチャート上位の常連だったバンドですら“Billboard 200”でTOP10入りを逃すことが増えています。そんな中、Slipknotが5年ぶりに発表したアルバム『We Are Not Your Kind』は3作連続1位を記録。13年ぶりの新作となったToolの『Fear Inoculum』は、長尺な楽曲が多いにも関わらずストリーミング方面でも健闘し、テイラー・スウィフトなどの強豪を抑えて1位を獲得しました。Rammsteinの新作(無題/untitled)も10年ぶりながら全米9位と好記録を残しています。一方でイギリスに目を向けると、Bring Me The Horizonの新作『Amo』が初の全英1位に。いわゆる大御所が上位入りするアメリカとは異なり、イギリスではメタル/ラウドロックを新たな方向へと導くBMTHのようなバンドが好意的に受け入られるという、興味深い結果を示すことになりました。

 このほか、2015年末のライブをもって活動停止したMötley Crüeが自伝映画『ザ・ダート:モトリー・クルー自伝』をNetflixで公開したことで、バンドに対する注目が再加熱。これを受けて、2020年夏にはDEF LEPPARDやPoison、ジョーン・ジェットとのスタジアムツアーで再始動することもアナウンスされました。Rage Against the Machineも2020年に再始動することを発表していますし、先のMy Chemical RomanceやThe Black Crowes、Mercyful Fate、MrBungleなども今年、もしくは来年にライブを行うことを宣言しています。

 このように2019年を振り返ると、どうしても90年代以前から活動するバンドが幅を利かせることでシーンが維持されているように見えてしまいがちですが、HR/HMおよびラウドロックなどエクストリームミュージック界隈から誕生した新作について語ると、新勢力が台頭し始めた印象が強い気がします。今回選んだ10枚は、そのどれもが過去のキュレーション連載でピックアップした作品ですが、個人的にはヘヴィメタルという枠にとらわれない意欲作ばかりが気になった1年になりました。順位に関しては、この記事を執筆している2019年12月中旬時点でのものとなるので、公開された頃には変動している可能性もあるのでご了承を。

 まず、1位に選んだBring Me The Horizon『Amo』(1月発売)は文句なしの1枚でしょう。1月リリースというとこういった年間ベスト企画では忘れられがちですが、8月には『SUMMER SONIC 2019』で、11月にはBABYMETAL日本公演のゲストアクトとして二度の来日を果たし、またこの秋にはSonyの最新スマートフォン・Xperia 5のCMに起用されるなど、露出という点においては1年を通じて話題が尽きなかった印象があります。もちろん、肝心の中身も素晴らしいもので、メタリックな激しさを追求する方向から多様性・拡散性へとシフトした作風はエクストリームミュージックの新たな可能性を示す結果となりました(参照:BMTH、Fever 333、Papa Roach……話題作から「2019年のラウドシーンの在り方」を考察)。

 2位には、13年ぶりの新作となったToolの『Fear Inoculum』をセレクト。音楽の聴き方がストリーミング全盛となった今、大半の楽曲が10分超と時代と逆行したスタイルながらも、改めてその作品性の高さを示してくれたと同時に、パッケージでも工夫をすればちゃんと購入してもらえるという結果も残しました(本作は初回生産分のみ、4インチサイズのHDスクリーン付き動画プレーヤー搭載仕様。現在は3Dレンチキュラーカード付きデラックス・ブックレット仕様が流通しています)。3分台の楽曲を手軽に楽しむという音楽の楽しみ方とは対極にあるToolのスタイルですが、どんなに曲が長かろうが、どんなにアルバムが長尺だろうが、良い作品はちゃんと評価される。それが2019年に証明できただけでも、本作が果たした役割は非常に大きいものになったのではないでしょうか(参照:Korn、Tool、Baroness、Opeth……独自のスタンスで“ヘヴィ”を表現するHR/HM新譜6選)。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「新譜キュレーション」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!