ジョン・レノン生誕80年目に『DOUBLE FANTASY – John & Yoko』東京展が開催 ジョンとヨーコの物語を体感

ジョン・レノン生誕80年目に『DOUBLE FANTASY – John & Yoko』東京展が開催 ジョンとヨーコの物語を体感

 ジョン・レノン生誕80年目を迎える2020年10月9日より2021年1月11日まで、『DOUBLE FANTASY – John & Yoko』東京展が開催される。

 同展は、2018年5月から2019年11月までジョンの故郷であるイギリス・リバプール博物館で開催された展覧会で、「ジョンの故郷であるリバプールのために」とヨーコ自身も関わって完成させた。二人が世界に発したメッセージ・言葉、音楽&アート作品、貴重な私物を含めたコレクション100展以上を通して、ジョンとヨーコの物語を体感できる。東京展はソニーミュージック六本木ミュージアムにて開催される。

 なお、チケット発売は8月末を予定しており、詳細は追って公式サイト・SNS等で発信される。

展覧会の見どころ

ヨーコの「Ceiling Painting(天井の絵)」「Painting to Hammer a Nail(釘を打つための絵)」「Apple(リンゴ)」
1966年、ロンドンのインディカ・ギャラリーをジョンが訪ねます。ここから全てが始まりました。

ジョンの手書きの歌詞
「Imagine」「In My Life」「Give Peace a Chance」「Happy Xmas (War is Over)」「Woman」など。

Grapefruit(グレープフルーツ)
ヨーコが1966年にジョンにプレゼントしたアートブック。1964年に出版されたこの本は、コンセプチュアル・アートの代表作であり、「イマジン」の歌詞やアイデアに直接影響を与えた、とジョンも語っています。2017年6月、ジョンの希望通り「イマジン」の共作者として正式にヨーコの名前がクレジットされました。

Bed In(ベッド・イン)
1969年にアムステルダムとモントリオールで行われた有名な平和活動、ベッド・インから、ギターやメッセージ・ボードなどのアイテム。

「The Daily Howl」他
ジョンが少年時代に手作りしたイラスト満載の本を始め、独特の線画による絵画も多数展示されています。

NEW YORK CITY Tシャツ他アイコニックな服
ボブ・グルーエンのポートレートで着用したあまりにも有名なTシャツの実物、ジブラルタルでの結婚式の衣装など。

ジョンがついに手に入れたグリーン・カード
アメリカに移住を決めてから5年の戦いを経て1976年に取得したグリーン・カード。

二人が共作したパフォーマンス・アート作品
“WAR IS OVER! (if you want it)”、“Plastic Ono Band”や二人の初めての共同作品である『Acorn Peace(平和のどんぐり)』など。

Wish Tree(願かけの木)
展覧会を訪れた人なら誰でも、短冊に平和への願いや夢、メッセージを書き、木の枝に結びつける事ができる参加型のアート作品。展示終了後、短冊のデジタル・コピーはジョンとヨーコによる世界平和祈願の象徴であるアイスランドの“IMAGINE PEACE TOWER”に永久に保存されます。

■開催概要
『DOUBLE FANTASY – John & Yoko』
会期:2020年10月9日(金) ~ 2021年1月11日(月・祝) 
場所:ソニーミュージック六本木ミュージアム
主催:株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント/株式会社ソニー・ミュージックレーベルズ
メディアパートナー:朝日新聞社
チケット情報:8月末発売予定

オフィシャルサイト
Twitter
Instagram
Facebook

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「リリース情報」の最新記事

もっとみる