NEWSというアイドルが築いてきたもの 手越祐也の脱退を時代の転換期を生きる視点から考える

 NEWSの増田貴久が、6月24日放送の『テゴマスのらじお』(MBSラジオ)に登場。6月19日付けでNEWSからの脱退、そしてジャニーズ事務所から退所した手越祐也と共に“テゴマス“として続けてきた同番組を、今後も継続していくことを発表した。

 大枠は6月10日に収録された和やかな放送だったが、冒頭部分は増田1人で急遽直前に別録りされたと思われる挨拶をオンエア。「こんばんは、増田貴久です。この度、手越の件で、ご心配をおかけしました。番組スタート以来、『テゴマスのらじお』を楽しみに聞いてくださった方々には、本当に申し訳なく思っております。今後は僕と咲良ちゃん(アシスタントの宮島咲良)と共に、引き続き楽しい番組をお届けできるように頑張っていきますので、よろしくお願いします」と話す凛とした声が印象的だった。

どんなときもファンファーストを崩さなかった増田

 加えて増田は、ジャニーズの会員制ファンサイト『Johnny’s web』で展開しているNEWSメンバーとの交換日記形式のブログ『NEWSRING』も更新。そこでは、6月18日に配信されたジャニーズのSmile Up!Project『johnny’s World Happy LIVE with YOU』で無観客ステージに立ったときの率直な気持ちが綴られていた。

 観客のいない会場。そして、いつも隣で歌っていた手越のいないライブ。すべてが不本意な状況で1人歌い始めた増田。こみ上げる複雑な思いで、体が少し震えていたという。ライブではメンバー4人で作った楽曲「クローバー」をはじめ7曲を披露。命を削るようにガムシャラに歌うNEWSの歌声が、この日は一段と響き渡っていた。きっと多くのファンがその歌声の中に、手越のハイトーンボイスを探さずにはいられなかっただろう。無観客の会場に手を広げる3人の姿は、まるでファンからの様々な声を受け止めているかのようだった。

 そして最後に歌った「U R not alone」では〈あの日つまずいて しゃがみこんでしまうほどの痛みさえ〉という手越のソロパートを誰も歌唱せず静かな時間が流れた。加藤シゲアキは観客を指さしながら口を動かし、そして小山慶一郎は目をつぶり噛みしめるように歌詞をつぶやいていた。だが、増田は1人遠くの方を静かに見つめるだけだった。

 〈ああどうか 力を貸してくれないか 昨日までの僕よ 共に乗り越えてきたじゃないか〉聴く人を勇気づけるNEWSの楽曲は、ときに自分たち自身を奮い立たせる応援歌にも聴こえる。これまでも様々な壁にぶつかってきたNEWS。やっとの思いで固まった4人のNEWSという形が、ずっと続いていくに違いないと思っていた。数年越しに衣装でメンバーカラーを揃えるなど、常に中長期的な視点でグループを見つめてきた増田ならなおさらだ。

 増田の綴った『NEWSRING』には、別の道を歩む手越への叱咤激励とも思える一文もあった。そして「クローバー」の歌詞にかけて、ファンとNEWSのストーリーには「枯れない四つ葉のクローバーが咲いている」というメッセージも添えられていた。どんなに苦しくても、どんなに悔しくても、いつもアイドルとしてのプライドにかけた言動を見せてきた増田。この大きな混乱に直面してもなお、ファンファーストな信念を貫いた。

「増田はアイドルの鑑」と語った手越

 そんな増田のことを、手越は記者会見後にライブ配信した動画サービス『OPENREC.tv』で、「アイドルの鑑」と話していた。思ったことを裏表なく話す手越に対して、増田はアイドルとしてファンが悲しまないようにと最善を尽くす。体が震えるほどの感情が湧き上がったとしても。そんな増田の美学を誰よりも近くで見ていた手越は、決して真似することはできないし、心から尊敬していると続けた。

 加えて、長文のメールをくれた小山の優しさや、作家という才能を発揮する加藤から多くの刺激を受けたことにも触れ、アイドルとしては破天荒な言動が多い自分を受け入れてくれたメンバーへの変わらぬ愛情を語った。そして、会見では聞けなかったファンへの「心配させてしまった皆さん、本当にごめんなさい」という言葉も……。

 やはり心残りは、コンセプチュアルアルバム4部作を完結する『STORY』ツアーまで走り抜けることができなかったことだ。だが、今はもう前に進むしかないと思っていること。自分の生き方は「敵を作る」と思っていること。それでも矢面に立ってイジメのようなことが起きている現状の芸能界を変えたいこと……話しても話足りないといった様子で、夜中2時まで続いた手越のライブ配信。会見のときよりも、ずっと素直に話す姿が印象的だった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる