欅坂46、Twitter実況で明らかになるメンバーたちの裏話 日向坂46も参戦した『欅共和国2017』鑑賞会

 『欅共和国2017』観賞会が5月29日〜30日の2日間に渡って開催された。今回の企画は、2017年に行われた欅坂46初の野外ライブ『欅共和国2017』をYouTube公式チャンネルでプレミア公開し、Twitter上でメンバーが実況するというもの。当日はハッシュタグ「#みんなで欅」がトレンド入りし、大きな盛り上がりを見せた。

欅坂46『欅共和国2017』(通常盤)

 観賞会は、まずキャプテンの菅井友香と副キャプテンの守屋茜によるオープニングトークから始まった。緊急事態宣言が発令されている中での生活を振り返り、さらに今後の活動などを語っていく。また、現在の状況を鑑みて今年の『欅共和国』の開催の見送りを発表した。

 そんななか、Twitterで先陣を切ったのは齋藤冬優花。「短い期間の練習、初めての外のライブでリハーサルは大変だったけど、みんなワクワクしてたのを思い出します」と写真付きでツイート。

 それに対して菅井も当時の写真を載せて反応する。

 こうしたメンバー同士のやり取りや、映像を見ながらの実況がタイムライン上でリアルタイムで繰り広げられる。この実況には、開催当時はまだ加入してなかった二期生も参加し、先輩たちの雄姿を見届けていた。

 『欅共和国2017』といえば、その頃はまだ改名前のけやき坂46(現・日向坂46)もライブに共同で参加していたため、日向坂46のメンバーもTwitterでの実況に参戦。お互いのツイートをリツイートし合うなどして企画を盛り上げていく。

 今となっては別のグループとなった両チームが、こうして一緒に企画を盛り上げている風景は感慨深い。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる