Ovall、Kan Sanoらがラジオ番組内で楽曲制作する『origami song writing relay』オンエア

 origami PRODUCTIONS所属のアーティストらによるスペシャルプログラム『origami song writing relay』が5月31日にInterFM897にてオンエアされる。

 本プログラムの内容は、origami PRODUCTIONS所属のアーティストがStay Homeで各自演奏し、リレー形式で次々と音源を渡していき、1時間のラジオ番組内でオリジナルを1曲完成させるというもの。mabanuaがドラムを叩き、その音源をShingo Suzukiへ転送し、ドラムからインスパイアされShingo Suzukiがベースを重ねる。それを関口シンゴ(ギター)、Kan Sano(キーボード)、Michael Kaneko(歌)、Hiro-a-key(ラップ)の順にパスして楽曲を制作していく。

 ミュージシャン、シンガーとしてそれぞれどんな事を考え、相手の演奏から何を汲み取り音へしていくのか、それぞれのコメントや、解説もみどころとなっている。さらに、その音をまとめるミックスエンジニアのyasu2000やレーベルスタッフの話なども織り込まれるなど、音楽が生まれてからリスナーに届くまでの物語を、1時間に凝縮するのだという。

■番組情報
InterFM897放送局:InterFM897 
『origami song writing relay』
放送時間:5月31日(日)20:00〜21:00
DJs:mabanua、Shingo Suzuki、関口シンゴ、Kan Sano、Michael Kaneko、Hiro-a-key
InterFM897×origami PRODUCTIONS 
スペシャルプログラム『origami song writing relay』

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる