AKB48ら、緊急事態宣言下でアイドルの発信に変化 “ステイホーム”は新たなスタンダードを生むのか

 新型コロナウイルス対応の特別措置法に基づく緊急事態宣言発令により、アイドルシーンにおいても発信の在り方が大きく変わり始めている。

AKB48『失恋、ありがとう』(初回限定盤 Type-A)

 外出自粛、さらに「密閉・密集・密接」による三密が余儀なくされ、無観客ライブすらも難しい状況となった昨今。YouTubeチャンネルに過去のライブ映像を公開するなど、家にいながら楽しめるエンターテインメントを届けるグループが多くいる中、次の動きに見られるのが家にいながら一つの楽曲を披露するビデオ会議システム風の動画だ。

 AKB48は「おうちから、ニッポンを元気に!!」をテーマにした新規プロジェクト「OUC48プロジェクト」を発足。YouTubeチャンネルにアップされた「365日の紙飛行機(おうちver.)」は、メンバー同士が自主的に連絡を取り合い、AKB48メンバー全員が個別で撮影した歌唱映像を向井地美音が編集した。ほかにも、劇場公演前の”ルーティン”として行っている「AKB48伝統ストレッチ」や劇場をメンバーお手製の桜でいっぱいにすることを目的とした「桜の花びらたちの大作戦」など、劇場オープンから15年目を迎えたAKB48独自の企画が光るプロジェクトとなっている。

365日の紙飛行機(おうちver.)

 ラストアイドルは選抜メンバー18名がそれぞれの自宅からダンスを披露する様子や各メンバーが好きなもの、リップシンクなどを収めた新曲「愛を知る」の特別編を、『青春高校3年C組』(テレビ東京)の青春高校アイドル部は「君のことをまだ何にも知らない」を自宅から私服で踊るなど、多くのグループがリモートでパフォーマンスを届ける中、でんぱ組.incは新曲をテレワークでファンと完成させた。

【#お家で踊ろう】ラストアイドル「愛を知る」特別映像

 新曲「なんと!世界公認 引きこもり!」は、プロデューサーのもふくちゃん、ディレクターのYGQ、作詞家であり作曲家の浅野尚志らの呼びかけにより、企画から実に8日で完成させた楽曲。浅野が作曲、ヒャダインが作詞、釣俊輔が編曲を担当しており、プレイヤーや映像作家といったクリエイター陣、さらにはファンから寄せられた大量のコーラス音やイラストも使用し、テレワークのみ、Twitter上で作り上げた作品だ。タイトルにもある〈世界公認 引きこもり!〉という強烈なパンチラインは、でんぱ組.incのチームだからこそ意味を持つフレーズである。

でんぱ組.inc テレワークMV「なんと!世界公認 引きこもり!」

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる