BTS V、ドラマ『梨泰院クラス』OSTが日本でもチャートイン 世界各国に広がる孤独と寂しさを癒す1曲に

参考:https://spotifycharts.com/viral/jp/weekly/latest

 Spotifyの「バイラルトップ50(日本)」は、最もストリーミング再生された曲をランク付けした「Spotify Top 50チャート」とは異なり、純粋にファンが聴いて共感共有した音楽のデータを示す指標を元に作られたプレイリスト。同チャートを1週間分集計した数値の今週分(4月9日公開:4月2日~4月8日集計分)のTOP10は以下の通り。

1位:Rin音「snow jam」
2位:YOASOBI「夜に駆ける」
3位:Uru「あなたがいることで」
4位:V「Sweet Night」
5位:ACE COLLECTION「70億にただ1つの奇跡」
6位:家入レオ「未完成」
7位:Uru「プロローグ」
8位:神はサイコロを振らない「夜永唄」
9位:GeG「I gotta go」
10位:Guiano「スーパーヒーロー」

 順位変動はあれど、Rin音、YOASOBI、Uruが先週に引き続いてトップ3をキープ。ACE COLLECTIONや家入レオなどのドラマ主題歌も根強い人気を誇っている中、今回は4位にランクインしたV「Sweet Night」を取り上げたい。

 Vは、今や世界的トップスターとなった韓国のボーイズグループ・BTSのメンバーであり、「Sweet Night」は自らソングライティングとプロデュースを手掛けたソロとしての最新曲。同曲が3月13日にリリースされると、韓国の主要音楽チャートで1位を独占しただけでなく、80カ国近いワールドワイドなiTunesトップソングチャートでも1位を獲得した。アメリカの『TIME』誌や『TeenVogue』誌も「Sweet Night」を絶賛する記事を掲載している。

 これほどの広がりを見せている理由は、BTSのメンバーという圧倒的なブランドはもちろん、「Sweet Night」がOST(Original Sound Track)となっている韓国ドラマ『梨泰院クラス(イテウォンクラス)』の大ヒットがある。主演のパク・ソジュンとVの交友関係から今回のOST起用が実現したとのことだが、明快な復讐劇を繰り広げるストーリーと、個性的なキャラクターの魅力も相まって、『愛の不時着』などとともに日本でも大きな話題になっている。

『梨泰院クラス』公式予告編 – Netflix

 もちろん楽曲そのものの素晴らしさも見逃せない。アコースティックギター主体のフォーキーで穏やかな演奏、低めの声で美しく英詞を歌い上げるVのボーカルは、時代や国境を飛び越えて多くの人の胸を打つ訴求力を持っている。ドラマの内容を踏まえながらも、誰もが持つパーソナルな寂しさに訴えかけるような歌詞も「Sweet Night」の魅力だ。

[MV] V(BTS) – Sweet Night [梨泰院クラー書きOST Part.12(ITAEWON CLASS OST Part.12)]

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる