『Nizi Project』“世界の架け橋”となるガールズグループへの26名の挑戦 オーディション番組Part 1を総括

『Nizi Project』“世界の架け橋”となるガールズグループへの26名の挑戦 オーディション番組Part 1を総括

 韓国の芸能事務所JYPエンターテインメントとソニー・ミュージックエンタテインメント、ソニー・ミュージックレーベルズによるガールズグループオーディションプロジェクト『Nizi Project』。Huluで配信されていたオーディション番組Part 1が3月27日最終回を迎え、韓国での本格トレーニングを受ける選抜メンバー14名が決定した。

 ことの始まりは、2019年2月。JYPエンターテインメントの創業者で、音楽プロデューサーのJ.Y. Park氏は、「JYPのカラーは維持しつつ、一段階アップグレードさせたガールズグループを作ろうと思っています」と記者会見で宣言し、日本、ハワイ、LA全10カ所で大規模なグローバルオーディションを開催することを発表した。その名も、“Nizi Project”。この名称には、J.Y. Park氏の「メンバーそれぞれの色(個性) が重なり、美しい光を放つ “虹” のような存在を発掘・育成、“世界の架け橋”となるガールズグループを世に輩出する」という想いが込められている。

 予選を突破した26名にJ.Y. Park氏が課した、4つのキューブ獲得。キューブは、それぞれダンス・歌・スター性・人柄を意味するという。つまりガールズグループのメンバーに選ばれるためには、基礎的なダンス・歌の技術と他の人にはない魅力、努力する姿勢や思いやりの心が必要だった。さらに、J.Y. Park氏が何度も口にしていたのは“ナチュラルさ”。J.Y. Park氏は、気合いが入りすぎている参加者たちに対して、常に「ありのままでいてください」と言い続けていた。

 自分の個性を理解し、パフォーマンス向上のために努力できるーーそんな審査基準を突破した選抜メンバー14名を改めて紹介したい。

 まず注目したいのが、最終ランキング上位を総なめしたJYP練習生の活躍だ。東京合宿でダンス・ボーカルテスト共に1位を獲得したマコは、予選の時から異才を放っていた。2017年に開催されたJYPエンターテインメントの公開オーディションで合格し、韓国でトレーニングを受けてきたマコ。誰よりも真面目で、一日中ダンスの練習に励むことも。東京合宿では、マコが披露した難易度の高いダンスに、J.Y. Park氏が思わず涙する場面もあった。

 マコとはまた違ったタイプの“天才”が、JYPでの練習期間7カ月のミイヒだ。いつも笑顔で天然な性格をしているため、一見頼りなげな印象を受けるが、パフォーマンスを披露した途端にそのイメージは一変。持ち前の表現力で、ダンスには可愛らしさと力強さを同居させ、歌うときには大人っぽさを見せる。J.Y. Park氏も「スターになる準備ができている」と絶賛した。特に印象に残ったのが、東京合宿で歌った中島美嘉の「雪の華」。透明感のある心のこもった歌声に、ラストまでJ.Y. Park氏は聴き入った。放送後はSNSでも、彼女の歌声は話題に。漫画に登場するヒロインのような女の子だ。

 ヒップホップアーティストのZeebraと、モデルの中林美和を両親に持つリマは、15歳(撮影当時)とは思えない大人びた容姿で人目を惹きつける。ラップを得意とし、予選では自分で作成したリリックを披露。J.Y. Park氏は優れた才能を持っている彼女に、予選で「なぜ不安そうに見えるのか?」と問いかけた。その時、リマが明かしたのは「自分の力で私ができることを見せたい」という自身が抱えるプレッシャーだった。一見クールに見える彼女だが、メンバーに甘える可愛らしい一面も持っている。日韓ハーフのユナも、JYPでの2年8カ月の練習を得て、オーディションに参戦。J.Y. Park氏も予選の時から彼女のことを“エース”と称し、注目した。しかし、そのプレッシャーから力が入り過ぎてしまい、ダンス・ボーカルテスト共に「切迫して見える」と指摘が。もっと楽になってほしいというJ.Y. Park氏からの言葉を胸に挑んだSHOWCASEでは、審査員のTWICEモモ・サナから高評価を受けた。

 最終ランキング3位に輝いたマヤも、元々はYGエンターテインメントジャパンの練習生だ。彼女の魅力は、豊かな表現力。人よりも涙もろい繊細な心を持っているからこそ、それがパフォーマンスにも活きている。中でもスター性評価で披露した『みにくいアヒルの子』の紙芝居は感動を呼び、J.Y. Park氏は「マヤさんはいつも目で“私はあなたの話をしっかり聞いていますよ”という心を伝えてくれる」と彼女の人柄を評価した。

 他にも、リリアは過去にエイベックスに所属していたユニットのメンバーとして活躍。リオもLDHが展開するダンススクール「EXPG」でレッスンを受けていた。J.Y. Park氏からは厳しいアドバイスを受けることも多かったが、二人ともまだ出し切れていない才能を評価され、最終メンバーに選出された。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!