乃木坂46、「しあわせの保護色」はグループの“今”を表した楽曲に MVや歌詞から伝わる白石麻衣への愛

 乃木坂46 白石麻衣が最後に参加する25thシングル『しあわせの保護色』の発売が近づき、テレビでの披露も段々と増えてきている。3月16日放送の『CDTVスペシャル!卒業ソング音楽祭2020』(TBS系)に続く、4月3日『ミュージックステーション 3時間SP』(テレビ朝日系)では予告の時点で“白石麻衣 ラストステージ!”とキャッチが付けられた。『Mステ』では3月6日放送以来、2度目の披露だ。

乃木坂46『しあわせの保護色』(Type-A)

 作曲はこれが初の楽曲提供となるMASANORI URA、編曲はAKB48「恋するフォーチュンクッキー」「心のプラカード」などを担当した武藤星児という、乃木坂46にとっては新たな顔ぶれの楽曲。「心のプラカード」に通ずる明るくスローテンポな曲調も、乃木坂46の表題曲としては例を見ない。

 これまで乃木坂46の表題曲としては、「ハルジオンが咲く頃」「サヨナラの意味」「帰り道は遠回りしたくなる」と3曲の卒業シングルがリリースされてきた。通底しているのは、別れを惜しむセンチな雰囲気。しかし、「しあわせの保護色」ではこれまでの作品とは違い、明るく「また会おうね」というポジティブな別れが描かれている。

 MVの監督は、これまで乃木坂46「制服のマネキン」「シンクロニシティ」「Sing Out!」などを手がけてきた映像ディレクターの池田一真。高校生最後の年に行われるダンスパーティー・プロムで白石を見送るとしたら、というコンセプトのもとで撮影された。振付は日向坂46「キュン」「ドレミソラシド」など、キャッチーな振付を多く生み出してきたCRE8BOYが担当。MVとライブ、テレビ番組での振付は若干変わっているが、指を輪にして幸せを“見つける”、指でつまみ幸せを“拾う”といったジェスチャーは共通しており、ライブでも真似しやすく楽しい振付となっている。

 フロントと2列目には、十一福神全員が1期生という白石を囲むフォーメーション、3列目には2期生から4期生までの精鋭が11人並ぶ盤石の態勢が取られた。選抜発表の様子が映し出された『乃木坂工事中』(テレビ東京系)では、アンダーから久々に選抜復帰となった中田花奈、樋口日奈、和田まあやが、グループを牽引してきた白石の背中の偉大さ、彼女を近くで見送れることへの感謝を口にしていたが、そんな白石への愛がMVには溢れ出ている。

 白石が1期生、2期生、3期生、4期生のもとを順に巡っていき、ラストはメンバーが白石を笑顔で送り出す形に。最後に白石の振り向く姿は、ライブでの「シンクロニシティ」、そして彼女のラストソロ曲「じゃあね。」の終わりにも共通している部分だ。裏センター(センターが抜けた際に真正面に位置する重要なポジション)に位置する大園桃子とのダンスや1期生のバンド演奏など、細かな見所は多くあるが、ハイライトは花束を渡す松村沙友理の涙が伝わり、白石が一瞬涙ぐむ場面だろう。

乃木坂46 『しあわせの保護色』

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!