仲村宗悟、内田雄馬……『アイドルマスター SideM』出演メンバー音楽ソロ活動に注目

 2月に5thシングル『Over』をリリースした内田雄馬、3月11日に2ndシングル『カラフル』をリリースした仲村宗悟、そして3月25日にアルバム『ASSEMBLE』をリリースする寺島拓篤。この3人の共通点は何か。答えは、『アイドルマスター SideM』に出演している声優であること。なかでも仲村と内田は、『SideM』内のユニットDRAMATIC STARSのメンバーでもある。以前よりソロ活動が活発な『SideM』メンバーだが、それぞれ異なる個性に注目が集まっている。今回は仲村宗悟と内田雄馬の最新作にスポットを当てて、そこにおける個性を紐解く。

仲村宗悟は作詞作曲でアーティスト性を発揮

仲村宗悟『カラフル』

 昨年10月には高嶋智樹役で出演したアニメ『厨病激発ボーイ』のEDテーマを収録した、シングル『Here comes The SUN』でアーティストデビューを果たした仲村宗悟。本シングルのカップリング曲「ゆらゆら」の作詞作曲に引き続き、2ndシングルとなる今作『カラフル』では、表題曲の「カラフル」とカップリング曲「imitation」の2曲で作詞作曲を手がけて、アーティストとしてさらにステップアップした姿を見せている。

 シングル『カラフル』は、“恋”をテーマにした3曲を収録し、異なるテイストのサウンドと共に、恋にまつわる多彩な感情をカラフルに表現した1作になっている。なかでも彼が作詞作曲を手がけた2曲は、歌と共に鳴っているバンドサウンドも聴き応えがあり、高校時代にはバンドのギター&ボーカルを担当していた経験を持つ、実に仲村らしい曲に仕上がっている。

 表題曲の「カラフル」は、熱いバンドサウンドとエモーショナルな歌声が秀逸。ファルセットを交えて爽やかに広がるサビの歌声は聴き応えがあり、明日をその手で掴もうとする前向きな想いが伝わってくる。〈君が好きだよ〉と歌うストレートな言葉からは何も怖れない真っ直ぐな想いが、聴く者の胸に突き刺さるだろう。

仲村宗悟 – カラフル [Official MV]

 仲村が作詞作曲を手がけたもう1曲の「imitation」は、どこか諦めムードだけどまだ諦めきれないといったやり場のない苦しい胸の内が、ユーモラスな表現を交えながらメロディとリズムが一体になった言葉で表現され、仲村のアーティストとしての成長を感じさせるものになった。レコーディングには、ゆーまお(Dr/ヒトリエ)などが参加し、曲が進むに連れてどんどん熱さと激しさを増していくサウンドも聴きどころだ。

 他にバラードの「風花」も収録し、異なるテイストの3曲で多彩な歌声を聴かせたシングル。2ndシングル『カラフル』は、声優であればこその多彩な感情表現と、もともと備え持っている作詞作曲センスやバンド感といったアーティスト気質が、見事に一体となって表現された1枚だと言えるだろう。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!