iKON、THE BOYZ、AB6IX、PENTAGON……“カムバックラッシュ”から良作をピックアップ

 2月のK-POPシーンは怒涛のカムバックラッシュだった。世間的に注目度が高かったのは2月20日にカムバックしたBTSだったが、この他にも良作を携えてカムバックするグループが多かった。その中には、所属事務所のSource MusicがBigHitエンターテインメント(BTSの所属事務所)に買収後初のカムバックになったGFRIENDや、『PRODUCE』シリーズの不正投票疑惑で活動休止になっていたIZ*ONEの復活など、注目グループも。今回はラッシュに沸いた2月のカムバックから、iKON、THE BOYZ、AB6IX、PENTAGONを取り上げてみたい。

B.Iによる楽曲も収録 iKON『i DECIDE』

iKON – ‘뛰어들게(Dive)’ M/V
iKON『i DECIDE』

 メンバー・B.Iの脱退後、初となったアルバム『i DECIDE』をリリースしたiKON。今回のアルバムにはB.Iが手がけた曲が収録されていることが話題になった。このアルバムは当初は2019年中期にはリリースされる予定だったというが、所属事務所のYGエンターテインメントは「昨年半ばにチームのリーダーであり、プロデューサーの役割を務めていたB.Iが脱退し、新曲発表が無期限で延期された。弊社は2019年初めに完成した制作物をどう活用するかについて、内部的に慎重な悩みを重ねてきた」と公式で発表している。

 今作にはB.Iの作品は収録されているが、彼の声は収録されておらず、「B.Iが担当したラップパートは全て削除し録音し直した」とのこと。グループの音楽の要の一人であったB.Iを欠いたiKONがどのように復活するのかが注目されていたが、アルバム自体には彼の“残り香”が漂っている形になった。

 タイトル曲である「Dive」はラテン調のリズムが印象的な曲だ。ハーモニカのイントロから始まり、ポップでわかりやすいメロディで進行していく。この曲のクレジットにはB.Iの名前が記されている。今回の新曲でも“iKONらしさ”は健在だ。らしさを生かしながら、新たな基軸を模索していってほしい。

色とりどりの世界を見せるTHE BOYZ『REVEAL』

[MV] THE BOYZ(더보이즈) _ REVEAL[MV] THE BOYZ(더보이즈) _ REVEAL

 2017年のデビュー以来、楽曲に恵まれてきたTHE BOYZは、初のフルアルバム『REVEAL』でカムバックした。昨年5月には「Bloom Bloom」で音楽番組での1位も獲得し、確実にステップアップをしてきた。

 デビュー当時はどこか幼さが残っていたTHE BOYZも2年の月日が流れ、大人っぽい表現を取り入れるようになってきた。1位獲得やワールドツアーを経て出来上がったアルバムでは、2年で培ってきた色とりどりのTHE BOYZの世界を見せてくれている。タイトル「REVEAL」には、“THE BOYZの本当(REAL)の姿を暴く(REVEAL)”という意味が込められている。

 タイトル曲の「REVEAL」はプログレッシブハウスベースのポップR&Bサウンドに仕上がっており、MVは“Wolfmoon”(月の光に照らされた狼、1年で最初の満月)というコンセプトの元、グループの二面性を示したほか、薄暗いセットの中でメンバー各自のの魅力を思う存分発揮している。幻想的な映像でTHE BOYZの世界に引きこまれてしまう。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる