BiSH アイナ・ジ・エンド、渡辺淳之介からの深夜の“求婚”エピソード明かす「私だけじゃなかったんだなって感じです」

 株式会社WACK代表の渡辺淳之介が、2月23日放送の『Love music』(フジテレビ系)にトークゲストとして出演した。

BiSH『And yet BiSH moves.(DVD)』

 WACKは、BiSH、BiS、GANG PARADEなどが所属する音楽会社。BiSHのモモコグミカンパニーは渡辺を「凡人の反対の人。マイナスの事件をプラスに変えるのがすごい上手。こけても立ち上がる力は尊敬しています」、セントチヒロ・チッチは「私たちにも分からないことを起こす天才で奇人」、旧BiSの元メンバーで現在はタレントとして活躍するファーストサマーウイカは、「珍味。一癖あると言うか、苦い、渋いとか思うんですけど、食べてるとメッチャ美味しいって思うようなものを生み出す人でもあるし、彼自身がそういう珍味なところがあるかもしれないです」と紹介した。

 また、GANG PARADEのココ・パーティン・ココは渡辺とのエピソードに「1番嫌なのは、鼻くそ付けてくること。これは何人か被害者がいて、ノールックでつけてくる」と明かし、ウイカは「メンバーがどん引きする様なことを言って来る時点で成功なんですよ。メンバーが『それやりたい』『楽しい』と思えることは世間はつまらない。ドMであり、ドS。究極の変態が作り上げるからこそ、人々が夢中になる」と話した。

 アーティストとの距離感について、渡辺は「友達というよりか仲間というのを意識してる。僕は彼女たちがいないと生きていけないので、もう一回学園生活を彼女たちともう一回してる感じが近いかもしれないですね」とコメント。「怒涛のエンドレスライブ」「24時間生配信」など過激なプロモーション方法の映像が流れると、BiSHのアユニ・Dは「合宿は24時間生放送されてるので、ベッドは誰よりも早く1番端っこを取って、ずっと潜ったりしてました」と振り返る。アユニを見初める嗅覚に渡辺は「彼女はオーラがありましたね。初めてオーディション来た時に、『この子はいくな』って。彼女意外に思ったことはないですね」と一番の逸材であったことを話し、「見た目はどんどん可愛くなっていくというか、見られることを意識するので、見た目よりかは中身、ふつふつとした闘志があるか」と見た目よりは中身を重視すると述べた。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!