乃木坂46 金川紗耶、モデル活動&バラエティに寄せられる期待 天然とクール兼ね備えた“いじられキャラ”で注目

 一方で、金川の負けず嫌いな一面が出たのが、『乃木坂どこへ』(日本テレビ)でバッティングセンターを訪れた時のこと。スポーツが大好きで自信満々の金川は、一生懸命バットを振るが、ネクストバッターでブンブン素振りをする清宮レイに注目がいってしまい、金川はその悔しさから号泣してしまう。憧れであり信頼する賀喜遥香に肩を抱かれ涙を拭く金川には未だ残る初々しさを感じさせるが、「極めたい」とバッティングへの闘志を忘れずにいるところが彼女らしい部分でもある。 

 また、乃木坂46には新内眞衣の埼玉県や高山一実の千葉県、久保史緒里の宮城県など出身地が仕事に繋がっているメンバーが多くおり、金川もその一人となっている。『乃木坂どこへ』の2020年に行きたい場所を書初めで発表する企画で「北海道札幌市」と記した金川。4期生で唯一出身地を書いた金川は、昨年の10月からラジオ初レギュラー『乃木坂46 金川紗耶のイマレコ!』(AIR-G’ FM北海道)がスタート。毎回北海道に帰って録音している『イマレコ』では、ミシュランマン情報が寄せられる深夜ラジオノリのぶっ飛んだコーナー、漢字や英文で珍回答を連発する様子など、ポンコツっぷりが如実に表れた放送に。それでいて天才、大人と豪語する金川には、大物になる風格を感じずにはいられない。

 ラジオ初レギュラー、ランウェイ初出演と確実に一歩ずつ前へ進む金川。彼女にはセンター楽曲、シングル選抜入りとまだまだ叶えるべき夢と未来が広がっている。

■渡辺彰浩
1988年生まれ。ライター/編集。2017年1月より、リアルサウンド編集部を経て独立。パンが好き。Twitter

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!