白石麻衣が胸に秘めた乃木坂46への熱い思い “グループの顔”として残した功績を振り返る

 乃木坂46 1期生の白石麻衣が1月7日未明、グループからの卒業を発表した。公式発表によると「3月25日リリース予定の25thシングルの活動をもって活動終了」「正式な卒業日程は現時点では未定」とのことで、本人のブログによると「卒業ライブも出来たらいいなと思ってる」という(※参照:感謝。 | 乃木坂46 白石麻衣 公式ブログ)。

白石麻衣写真集『パスポート』

 グループ最初期から生駒里奈(1期生。2018年5月卒業)と並び、「乃木坂46の顔」としてグループ内外で幅広い活躍を続けてきた白石。“絶対的エース”と呼ばれることの多い彼女だが、実はシングル表題曲にて単独センターを務めたのは約8年の歴史の中で二度しかない。最初にセンターに就任したのが、2013年7月発売の6thシングル『ガールズルール』でのこと。グループ結成以来、そのクールビューティなビジュアルから高い人気を誇っていたが、初めてセンターに立ったのはCDデビューから約1年半後、結成から数えても約2年後と意外と時間が経ってからであることに気づく。それも、デビューシングル『ぐるぐるカーテン』(2012年2月発売)から5thシングル『君の名は希望』(2013年3月発売)までの5作連続で生駒をセンターに置くことで、グループのイメージを固める必要があったからだろう(深夜の生放送など、当時18歳未満だった生駒が出演できない場合は白石がセンターを務めることもあった)。

 その後、6作目で白石が満を持してセンターに就任したときは好意的な声が寄せられ、発売初週で前作より8万枚以上もセールスを上げる結果を打ち出した。今でも必ずといっていいほどライブで披露される「ガールズルール」は、白石の振り切った煽りとともに「乃木坂46のライブ名物」として定着しており、イントロが鳴り響いた瞬間に会場のボルテージが一気に上昇するあの空気感にカタルシスを覚えるファンも少なくないだろう。

 だが、『ガールズルール』以降彼女が単独でセンターに立つ機会はなかなか訪れなかった。13thシングル『今、話したい誰かがいる』(2015年10月発売)、17thシングル『インフルエンサー』(2017年3月発売)の2作で西野七瀬とダブルセンターを務めているが、初めて日本レコード大賞を獲得した『インフルエンサー』のイメージと相まって、この2人が真ん中に立つ姿こそが“一般的な乃木坂46像”なのかもしれない。

 だからこそ、日本レコード大賞受賞後初の新曲となる20thシングル『シンクロニシティ』(2018年4月発売)で白石が二度目の単独センターを務めることとが決まった際には、乃木坂46が本気の勝負をかけにきたことが理解できたはずだ。つまり、白石が単独でセンターに立つときは乃木坂46として大きな勝負に出るタイミングであり、グループにとっても白石センターは無闇矢鱈と披露するものではないという考えもあるのかもしれない。“絶対的エース”は常に真ん中に立つ必要はない。ここぞというときにこそ、その力を発揮すればいいのだから……と。その結果、乃木坂46は『シンクロニシティ』で二度目の日本レコード大賞を獲得し、昨年大晦日の『NHK紅白歌合戦』では欅坂46、日向坂46とともに同曲を披露しているのだから。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる