NAMBA69らがライブシーンの”現場”の熱さを証明 『JMS presents BODY and SOUL SPECIAL』レポ

NAMBA69らがライブシーンの”現場”の熱さを証明 『JMS presents BODY and SOUL SPECIAL』レポ

 2月9日に東京・新木場STUDIO COASTで、『JMS presents BODY and SOUL SPECIAL』が行われた。同イベントは、インディーズレーベルの運営やディストリビューション、『REDLINE』などを手がけるジャパンミュージックシステム(JMS)主催のライブイベント。2018年10月に行われたライブツアー『JMS presents BODY and SOUL TOUR』のヘッドライナーが一堂に会し、一夜限りの復活を果たした。本稿では、熱い一夜となったイベント全体をレポートする。

 この日の出演バンドは、COUNTRY YARD、Crystal Lake、NAMBA69、NOISEMAKER、Northern19、SHADOWSの計6組。ロック、ハードロック、パンク、メタルコア、メロディックパンクなど音楽性はバンドによって異なるが、しっくりくるメンツというか、違和感のない顔ぶれだ。会場の外には、フードエリア、物販エリアがあり、ちょっとしたフェスのような仕様になっていて、音で遊ぶ準備は万全を期していた。

 各バンド持ち時間40分のステージ。合言葉は「ホイッサー!」。トップバッターのSHADOWSは、1曲目の「Fail」が始まるなりクラウドサーフ、ステージダイブが続出。オーディエンスの衝動が爆発していた。「BEK」でのHiro(Vo)の叫びからは、イベントにかける彼らの並々ならぬ意気込みが感じられ、この1日に一気にエンジンがかかった瞬間だった。2番手のNorthern19は、勢いがかかったオーディエンスに「一括りに最高のロックショーだ!」と投げかけ、個性あふれるバンドが揃い、ファンもバラバラなのかもしれないが、ジャンルレスに楽しんでほしいと語った。メロディアスな「THE NIGHT WITHOUT A STAR」からパンキッシュに1分台で駆け抜けていく「SUMMER」まで、幅広い楽曲を備えたセットリストが、そうした彼らの音楽への想いを体現していたと言ってもいい。また、NOISEMAKERは「Yay Yay Yay Yay Yay Yay Yay Yay」で場内に大きなシンガロングを起こしたかと思えば、この2年の間に生まれた自身の代表曲「NAME」で勝負。彼らならではの軽やかな身のこなしでオーディエンスを沸かした。

Arrow
Arrow
SHADOWS
ArrowArrow
Slider

 イベント後半の狼煙を上げたCrystal Lakeは、1曲目の「Prometheus」からフロアを完全に掌握する圧巻のパフォーマンスを披露。攻撃的なサウンド、強烈なブレイクダウンでまくし立て、“ホイッサー”コールにのせて酒を煽るなど、カオスすぎるステージングを見せつけた。「Mercury」ではHiro(SHADOWS)がステージに登場し、Ryo(Vo)のシャウトと織り成すコントラストがあまりにも美しい名演を披露した。続く5組目COUNTRY YARDは、今年でアルバムデビューから10周年。「I’ll Be With You」「Starry Night」などで、シンプルなメロディ・演奏・歌で自分たちが培ってきたスタイルをしっかりと提示した。昨年リリースされたベストアルバムでもラストナンバーだった「Smiles For Miles」で締め括り、彼らがこれからも歩みを進めていく意志、そしてこの『BODY and SOUL』がとても大切な場所なんだという想いを強く感じられるステージだった。どのバンドのライブも見ていて飽きない場面の連続で、このイベントだからこそ見ることのできる特異な光景だったように振り返る。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる