『REDLINE』が映した現在のバンドシーンの最前線ーーライブハウスと地続きの10周年記念イベントを見て

『REDLINE』が映した現在のバンドシーンの最前線ーーライブハウスと地続きの10周年記念イベントを見て

 12月1日に『REDLINE ALL THE BEST 2019 ~10th Anniversary~』が千葉・幕張メッセ国際展示場9~11ホールにて開催された。このイベントはジャパンミュージックシステム(JMS)が主催するライブイベント『REDLINE』の立ち上げから10周年を記念して開催されたもの。初年度から今年度まで、04 Limited Sazabys、My Hair is Badなど『REDLINE』にゆかりのあるバンドが一堂に会する祭典だった。本記事ではイベントの全体像を振り返る。

Arrow
Arrow
Crystal Lake (Photo by Takashi Konuma)
ArrowArrow
Slider

 『REDLINE』の主催者は、インディーズバンドのCDの流通を扱うJMS専務取締役の鈴木健太郎(KTR)氏。異種格闘技をコンセプトに、ジャンルに縛られないボーダレスなブッキングでこの10年インディーズバンドを中心にイベントを続けてきた。ライブハウスと地続きのイベントであるがゆえ、場所を大きな会場に移しても、現場を大切にするイベントのこだわりを体感することができた。

Arrow
Arrow
FOMARE(Photo by KUDO MASAYUKI)
ArrowArrow
Slider

 この日、会場には音の鳴り止む瞬間が終演まで一切なく、どこかのステージでバンドが常に音を鳴らしている状態だった。そしてどのステージでも熱量のあるライブの連続だったことは間違いない。時に、あまりの熱狂にライブが中断されるなどのハプニングもあったが、「ここをライブハウスにする」という気概の表れだったように思う。なによりトリッキーで最高だったのは、2つのステージのど真ん中に組まれた360度センターステージのRIOT STAGEでのライブだ。一言で言えば圧巻だった。あのステージは、ライブハウスの空気感をそのまま持ってきたような、バンドもオーディエンスも魂剥き出しの熱狂的な空間で、ダイブ、ステージダイブも当たり前といった、音に掻き立てられた衝動が爆発していた。このステージでのアクトを務めたのはKOTORIとFOR A REASONの2バンドのみ。後に彼らのツイートからも確認できたが、本当に伝説のようなステージで、彼らのバンドキャリアにおいても忘れられない一幕になったのではないだろうか。

Arrow
Arrow
KOTORI(Photo by MASANORI FUJIKAWA)
ArrowArrow
Slider

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる