JO1の“シンデレラボーイ”金城碧海はポテンシャルの塊 持ち前の才能と努力、ポジティブな性格で魅了

JO1の“シンデレラボーイ”金城碧海はポテンシャルの塊 持ち前の才能と努力、ポジティブな性格で魅了

 2月3日、『ZIP!』(日本テレビ系)や『めざましテレビ』(フジテレビ系)でファンミーティングの様子が放送され、同日にはリード曲「無限大(INFINITY)」のMV Teaserを公開したJO1。翌々日の2月5日にも、デビューシングル『PROTOSTAR』のアーティスト写真、ジャケット写真を公開したり、「無限大(INFINITY)」をラジオにて初オンエアしたり、MV Short Ver. + Making Videoが公開されたり、3月4日のデビューに向けて、怒涛の情報解禁をし始めた。JAM(=ファン)たちも、次々発信される情報を追いかけるのに忙しい日々を送っているのではないだろうか。

金城碧海

 大きく羽ばたいていくであろうJO1の魅力を改めて伝えていくべく、これまで豆原一成、川西拓実を取り上げてきた。今回は、“シンデレラボーイ”と呼ばれる金城碧海(きんじょうすかい)に注目したい。

 金城は大阪府出身、2000年5月6日生まれの19歳。まだ10代とは思えないクールで色っぽい表情や、身長178cmというスタイルの良さを持つ、いわゆる“塩顔イケメン”だ。『PRODUCE 101 JAPAN』(GYAO!、TBS系)第1回目のレベル分けテストでは、未経験ながらもBクラス評価を獲得。しかし、再評価時はダンスのリズムが上手く取れず、トレーナー陣から「未経験(っぽさ)が出てる」という評価を受け、Fクラスへ降格してしまった。だが、そこからじわじわと順位を上げ、デビューを勝ち取った故に“シンデレラボーイ”と称されることが多いというわけだ。

【金城 碧海(Kinjo Sukai)】推しカメラ|♬Black Out@コンセプトバトル|PRODUCE 101 JAPAN

 金城を見ていると、成長の早さと持ち前の才能をうまく出すことができているメンバーだと感じる。ダンスに関しては、未経験ながらもレベル分けテスト時からそれを感じさせない堂々たるパフォーマンスを披露。再評価がFクラスであったもののその後急成長を見せ、コンセプトバトルの「Black Out」ではハイレベルなスキルを持つメンバーに見劣りしないほどのダンスパフォーマンスを披露した。ポテンシャルの塊である。

PRODUCE 101 JAPAN|Team SKY|レベル分けテストフルバージョン

 そして歌、特に声質。これは間違いなく金城の才能だ。レベル分けテストでの「GLAMOROUS SKY」で魅了された人も多いのではないだろうか。少し鼻にかかった声で芯もしっかり通っている、金城が持つ雰囲気にぴったりのセクシーなボーカルだ。ポジションバトルの「タマシイレボリューション」でもその声質は目立っており、パワフルな歌声のメンバーたちとのコントラストも良かった。それでいてラップもできるから驚きである。

【金城 碧海(Kinjo Sukai)】推しカメラ|Superfly♬タマシイレボリューション@ポジションバトル|PRODUCE 101 JAPAN

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!