乃木坂46 白石麻衣×バナナマンが築き上げた絆 冠番組やラジオからにじみ出る愛情

 乃木坂46 白石麻衣が『バナナマンのドライブスリー』(テレビ朝日系)に出演することが決定。現在、その出演回に向けての意見をTwitterで募集していることがファンの間で大きな反響を呼んでいる。

白石麻衣写真集『パスポート』

 『ドライブスリー』は、バナナマンが運転する車に旬なゲストを迎え、気になる3カ所をドライブするトークバラエティ番組。昨年の4月に始まって以来、バカリズムや森山直太朗など、バナナマンと縁深いゲストが多数出演してきた。乃木坂46にとってバナナマンは、結成当初からグループを見守ってくれている“公式お兄ちゃん”といった存在。昨年、東京03が出演した5月28日放送回では、初のトリオを車に迎え入れるというシチュエーションから「もっと団体さんが来るって言ったらどうするの?」(設楽統)、「乃木坂46来てくんねぇかな」(日村勇紀)、「乃木坂46いつか来てほしいね」(設楽)という会話が飛んでいた。

 『バナナマンのバナナムーンGOLD』(TBSラジオ)でも、2人が乃木坂46メンバーに言及することは非常に多く、特に卒業が発表された際は必ずと言っていいほどにコメントを発表している。1月7日にグループからの卒業をアナウンスした白石。その週の1月10日放送回にて、2人はMCを務める『乃木坂工事中』(テレビ東京/前身番組『乃木坂って、どこ?』)スタート以前の話に。設楽は「白石という子がすごい」という話を聞いていたことを振り返り、「めちゃくちゃ出来上がっていて、なんならその時点からファンがいるみたいな。そこから白石は止まらずトップって感じだもんね」、「若い人のみならずさ、乃木坂46と言えばまず白石を思うくらいだと思うんだよね」(日村)、「何人かいるうちの開拓者の一人だよね。モデル、写真集とか、何かのきっかけを作ったメンバー」(設楽)とトップアイドルとしてグループの礎を築いてきた白石の功績を称賛。

 その直後の「曲対決」コーナーでは、設楽が白石の初センター曲「ガールズルール」を、日村が昨年の『NHK紅白歌合戦』(NHK総合)でも披露した白石センターの「シンクロニシティ」をそれぞれリクエストし、白石への愛情を示した。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる