KOTORIは大きな羽を生やしてどこまでも飛んでいけるーー『REVIVAL TOUR』ファイナルワンマン公演を終えて

KOTORIは大きな羽を生やしてどこまでも飛んでいけるーー『REVIVAL TOUR』ファイナルワンマン公演を終えて

 KOTORIが、2ndフルアルバム『REVIVAL』リリースに伴い、2019年10月20日越谷EASYGOINGSでの公演を皮切りに開催した『REVIVAL TOUR』。同ツアーが2020年1月10日にマイナビBLITZ赤坂にてファイナルを迎えた。

Arrow
Arrow
KOTORI『REVIVAL TOUR』
ArrowArrow
Slider

 開演時間を過ぎ、電車の音や朝の目覚めを思わせる小鳥のさえずりなど、生活感漂うサウンドに合わせ、KOTORIのロゴが前面に押し出された美しい映像が流れ始めた。映像が途切れ、幕は下がり切ったままメンバー4人のシルエットに切り替わり、細川千弘(Dr)によるドラムのいななきから一曲目の「YELLOW」は始まった。朝を思わせるオープニングBGMから朝を歌う同曲につなぐ演出や、横山優也(Vo/Gt)の気取らない率直な歌声、佐藤知己(Ba)の空間全体に広がっていくベース、上坂仁志(Gt)の軽やかさも力強さをも操るような心地よいギター、グルーヴを生み出すパワフルな細川のドラムでKOTORIの世界観を作り上げ、4人の姿はシルエットのままに演奏を終える。気圧された会場を目覚めさせるように幕が上がり、KOTORIの4人の姿が現れ、息つく暇もなく横山の〈世界を変えるのさ〉という歌声から「ライジング」が始まった。フロアの拳とボルテージが一気に上がり、「1995」では横山が「俺たちの時代だー!」と歌い、次の「unity」では、以前よりもインストパートが強化された現在のKOTORIを見せつけた。

横山優也

 会場の興奮も冷めやらぬうちに「涙があふれそう」では、疾走感にあふれるリズムに温かみとせつなさが相まったメロディと歌詞を乗せて届け、続く旧知のナンバー「シャンプー」、「僕たちは青春のど真ん中ー!」というおなじみのMCから始まる爽快なロックナンバー「Blue」、ストレートなロックアンセム「EVERGREEN」を奏でると、横山がフロアを見渡し「最高!!」と叫び、ガッツポーズをする場面も見られた。

上坂仁志

 その後雰囲気は一変し、アルペジオと切ないメロディが特徴的な「トーキョーナイトダイブ」で会場を魅了。すると細川のドラムが間髪なく入り、暖かみのある冬のバラード「オリオン」、夏の情景に思いを馳せた「海」、壮大で率直なラブバラード「ラブソング」と胸を締め付けるようなミドルテンポのロックバラードを続けて披露した。

佐藤知己

 しっとりとした空気になったところでライブが始まって初めてのMC。横山が、オープニングから「YELLOW」までのパートについて「最初やばかったっしょ!! 外タレかと思ったんじゃないすか!?」と言って会場を沸かせると、前回のツアーファイナルとの違いとしてドラムの細川が正式加入した点について言及し、観客からはお祝いの拍手が生まれた。確かに今回のライブでは細川のドラムソロや生み出すグルーヴが目立ち、KOTORI躍進のキーマンが彼であることを感じさせた。

細川千弘

 短いMCをはさんだところで普段のライブではアップテンポのAメロから始まる「ラッキーストライク」を、今回は音源通りしっとりとしたサビから始めた。その後アップテンポなイントロがかきならされると会場のボルテージは一気に上昇。さらに横山が〈誰かの自慢になれたらな〉という歌詞の〈誰か〉を〈お前〉に代えて一人一人に訴えかけるようにアツく歌いあげると、その勢いのまま「ドラマ」、「ファーストインパクト」を力強く奏でた。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!