香取慎吾が語る、一度離れて実感した音楽への愛着と『20200101』「僕が好きなものしか詰まってない」

香取慎吾が語る、一度離れて実感した音楽への愛着と『20200101』「僕が好きなものしか詰まってない」

全部丸投げにするのは、昔から好きじゃなかった

ーーそう、結果的に今回のアルバム『20200101』は、楽曲ごとに、実にさまざまなアーティストをフィーチャーしたものになっていて……この人選というのは、旧知の間柄の人だけではなく、最近の活動の中で知り合った人も多いのでしょうか?

香取:多いですね。BiSHとかはホントに、「ななにー」っていうAbemaTVで僕らがやっている番組(『7.2 新しい別の窓』)のゲストにきてくれたときに、その場でお願いした流れだったりするので。そう、もともと僕がBiSHの音楽を聴いて好きになり、ラジオで曲を流させてもらって、番組にもきてくれないかなって言ったら、きてくれて。

 その頃には、今回のアルバム制作が始まっていたので、その場にいらっしゃったBiSHのプロデューサーや曲を作っているみなさんに、「今、こんなふうにやろうとしているんですけど、よろしければ一緒に一曲やってくれませんか?」っていうお話をして。だから今回のアルバムは、ホントに僕が好きな音楽……もちろん、今まで歌ってきた曲も好きだけど、個人的に好きという思いだけでは、やっぱりグループは回らないじゃないですか。そういう意味では、初めて自分が好きな音楽を、自分が好きなアーティストの方々と一緒に作ることができました。

ーー今回の楽曲制作の際には、一曲一曲、それぞれのアーティストとかなり密なコミュニケーションをとったとか?

香取:そうなんです。実際の楽曲制作に入る前に、直接みなさんと会って、曲調とか歌詞とかテーマについて、いろいろお話ししたいということで、スケジュールを作ってもらったんですよね。だからホント、一曲一曲に対して、みなさんとガッツリ話し合いながら作ることができたんです。もともと、こうやって何かものを作ったりするときに、音楽とか映像とかもそうだけど、全部丸投げにするみたいな感じでお任せするのは、昔から好きじゃなくて……だから、いつも直接会いに行くんです。どこかで作業しているって聞いたら、すぐにその現場に行って。そこで一瞬会えるだけでも、伝わることが全然違うと思うんですよね。

ーーそれにしても、本作に参加しているアーティストの方々は、ジャンル的にも世代的にも、実に幅広いものになっていて。ちなみに、いちばん最初に声を掛けたのでは、どなただったんですか?

香取:ええと……みなさん、大体同時期ぐらいですけど、面白かったのはSALUくんかな。向井太一くんの音楽がいいなと思って、MVをいろいろ観ていたら、向井くんの「空」という曲に、SALUくんがフィーチャリングされていたんですね。SALUくんには昔、「SKINAIRO」(SMAP 21stアルバム『Mr.S』収録)っていう僕のソロ曲の歌詞を作ってもらったことがあったから、「あ、SALUくんだ」と思って。それからSALUくんの新しい曲を聴いてみたら、やっぱりすごくいいなと思って、お願いしたんです。

ーーSALUさんがフィーチャリングされた「OKAY」という曲の歌詞の中には、〈「ほら好きな色に世界染めてやろうよ」〉など、かつてのソロ曲を彷彿とさせる一節も出てきますよね。

香取:あれは、まさにレコーディングしている最中に考えたんですよ。最初は違う歌詞だったんですけど、あまりしっくりこなくて。で、SALUくんといろいろ考えたり話し合ったりしながら、最終的にあのフレーズがいいんじゃないかって言って。そう、今回のアルバム制作は、それぞれのアーティストと、レコーディングも全部一緒にやらせてもらったんです。それこそ、ブースに僕が入って、向こう側にはそのアーティストの方がいてっていう。レコーディングが始まるギリギリまで、歌詞のことを詰めたりして。最後の最後まで、この歌詞のここがちょっと違うと思うけど、何かいい言葉はないかなとか、歌ってみたあとに、やっぱり違うんじゃないかって、もう一度別の言葉で録ってみたり。かなり密にやらせてもらいましたね。だから、今回のアルバムには、僕が好きなものしか詰まってないんです。いらない歌詞、いらない音が、ひとつも入っていないというか。

ーーたとえば、歌詞についてはどんなお話を制作中にしたんですか?

香取:自分では、ちょっと違うなあって思った歌詞も、フィーチャリングアーティストの方が、「いや、これはこういう理由で絶対入れたい」っていう希望があったら、そこでまたいろいろ話し合って、最終的に僕が納得したら、そのまま入れるパターンもありました。そう、yahyelと一緒にやった「Neo」という曲は、全部英語の歌詞なんですけど、そのサビの部分に〈Sometimes I feel like a TV star〉っていうフレーズがあるんですね。で、僕は最初、その部分はちょっと外したいって言っていて……というのは、僕、テレビスターなので(笑)。多分彼らは、洋楽とかによくある歌詞の言い回しのひとつとして、その言葉を書いてくれたんだろうけど、僕はテレビスターだから、自分で「テレビスターのようだぜ」って歌うのは、ちょっとどうだろうっていう(笑)。でも、そこは彼らが最後まで折れなかったというか、「だからこそ、今の香取さんに歌って欲しいんです!」って言ってきて。そこはホント、ギリギリまで話しましたね。

後編に続く

(取材・文=麦倉正樹)

■リリース情報
『20200101』
発売日:2020年1月1日(水)
<収録曲>
01.Prologue(feat.TeddyLoid&たなか)
02.Trap
03.Metropolis(feat.WONK)
04.welp(feat.須田景凪)
05.I’m so tired(feat.氣志團)
06.ビジネスはパーフェクト(feat.スチャダラパー)
07.Neo(feat.yahyel)
08.嫌気がさすほど愛してる(feat.KREVA)
09.OKAY(feat.SALU)
10.10%
11.Now & Forever(feat.SONPUB&向井太一)
12.FUTURE WORLD(feat.BiSH)
【初回限定・観るBANG! (CD+DVD)】
価格:4,040(+税)
(DVD)「Trap」Music Movie / 「FUTURE WORLD(feat.BiSH)」Music Movie
【初回限定・GOLD BANG!(CD)】
価格:4,040(+税)
(CD)初回限定・GOLD BANG!のみ13曲目に「10%(小西康陽remix)」収録
豪華56Pビジュアルブック 封入
【通常BANG! (CD)】
価格:3,030(+税)

・各チェーン店別アルバム購入特典:シリコンブレスレット
アルバム予約はこちら

「FUTURE WORLD (feat.BiSH)」
ダウンロード、視聴はこちら

「Prologue(feat.TeddyLoid&たなか)」
ダウンロード、視聴はこちら
「Trap」
ダウンロード、視聴はこちら
「10%」
ダウンロード、視聴はこちら

■ライブ情報
『NAKAMA to(と)MEETING_vol.2』
2020年
<千葉>幕張メッセ 幕張イベントホール
2月26日(水)12:00開場/13:00開演
2月26日(水)7:00開場/18:00開演

<福岡>マリンメッセ福岡
3月7日(土)12:00開場/13:00開演
3月7日(土)17:00開場/18:00開演
3月8日(日)12:00開場/13:00開演

<大阪>丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)
3月12日(木)12:00開場/13:00開演
3月12日(木)17:00開場/18:00開演
3月13日(金)12:00開場/13:00開演
3月13日(金)17:00開場/18:00開演

<東京>国立代々木競技場第一体育館
3月21日(土)17:00開場/18:00開演
3月22日(日)12:00開場/13:00開演
3月22日(日)17:00開場/18:00開演

<静岡>静岡エコパアリーナ
3月28日(土)12:00開場/13:00開演
3月28日(土)17:00開場/18:00開演
3月29日(日)12:00開場/13:00開演

<北海道>
真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
4月11日(土)12:00開場/13:00開演
4月11日(土)17:00開場/18:00開演
※開場・開演時間は変更になる可能性あり。

■関連情報
新しい地図オフィシャルHP

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!