『堂本兄弟』はKinKi Kidsの2人からのクリスマスプレゼントだ 同窓会のような雰囲気漂う番組への期待

 今年も、『堂本兄弟』が帰ってくる。

 今夜12月25日23時よりオンエアされる『堂本兄弟2019 ハッピークリスマスSP』(フジテレビ系)は、さながらクリスマスを締めくくるKinKi Kidsたちからのプレゼントだ。

 『堂本兄弟』は、KinKi Kidsがゲストと共にトークや生演奏を繰り広げる音楽バラエティ。前身番組である『LOVE LOVE あいしてる』がスタートしたのは1996年のことだった。吉田拓郎を始めとした大物ミュージシャンからギターを教わり、多くのセッションを経験。アーティストとしてのKinKi Kidsの礎を築いた番組とも言われている。2001年より『堂本兄弟』、2004年より『新堂本兄弟』へとタイトルを改めて、2014年9月までオンエア。2015年からは、およそ年1回のペースでスペシャル番組として復活している。

 お馴染みのメンバーと“同窓会“のようなリラックスした雰囲気が漂う同番組。それに輪をかけて、今年は三浦春馬、橋本環奈、仲間由紀恵、坂本真綾と、KinKi Kidsとゆかりのあるゲストが集うという。三浦は2016年に『KinKi Kidsのブンブブーン』で共演し、お互いの体力を測定した仲。3年の間に三浦がCDデビューを果たしたことから、今度はセッションを楽しむ。

 そして、橋本とは2017年に『KinKi Kidsのブンブブーン』でアコースティックギターを購入しに行ったことから、「あのときのギターどうなってるの?」と今回KinKi Kidsが呼び出した形に。きっとKinKi Kidsも番組きっかけでギターができるようになった経験があるからこそ、橋本のことを放っておけなかったのではないだろうか。

 仲間にいたっては、実に13年ぶりの共演。その間に、仲間は結婚、出産と人生の大きな転換期を経験した。そんな「今だから話せる」思い出話に花を咲かせてくれるようだ……と、これだけ見ても1時間で収まるのかと思うボリュームだが、さらにKinKi Kidsの最新シングル曲「光の気配」の歌詞を書き下ろした坂本真綾も初出演するというから、ますます濃厚な時間になるに違いない。

 雑誌『音楽と人』のインタビューでは、KinKi Kidsの音楽活動に欠かせないシンガーソングライターの堂島孝平が、『堂本兄弟』に坂本が出演するまでの様子を明かしている。テレビが苦手な坂本が「『堂本兄弟』から誘われてるんですけど……」と悩んでいたところを、「出たほうがいいんじゃないですか」と背中を押したのが堂島だったという。

 その結果、堂本光一が坂本に「ぴったりだと思います」と詞を絶賛する微笑ましい展開に繋がったようだ。「真綾さん羨ましいなって。俺が初めて2人に会った時なんて、目も合わせてくれなかった……」とも。オンエアでは、そんなちょっぴりジェラシーを感じている堂島の視線にも注目したい。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる