ジャニーズWEST 濵田崇裕の1日も早い回復を願ってーーファンやメンバー、先輩からも愛される人柄を考察

 12月19日に、ジャニーズWESTの濵田崇裕が31歳の誕生日を迎えた。SNSを中心に誕生日を祝う声が飛び交い、Twitterでは「濵ちゃん」がトレンド入り。彼がいかに愛されているのかを改めて実感する1日となった。

 濵田といえば、特番『SASUKE2019大晦日』(TBS系)への出演が決定していたが、11月20日セットの視察と体験をした際に左足首を骨折。2カ月の安静加療が必要だと診断され、現在療養中だ。「足以外は元気」というコメントに安心し、“今はゆっくり休んで”と回復を願っていたものの、やはり約1カ月もメディアでその姿を見られないとなると、寂しさは募るものだ。

 そんなファンの気持ちを察したかのように、12月14日放送のラジオ『bayじゃないか』(bayfm)では、中間淳太と小瀧望が登場し、濵田に電話をかける一コマがあった。「濵ちゃんは誕生日のときに(ラジオに)来れてないんでしょ?」(小瀧)、「僕も来れてなかったんですけど、僕のときに(藤井)流星と神ちゃん(神山智洋)が電話をくれたの。だから、電話しようよ。聞きたいでしょ。声も!」(中間)そんなやりとりを経て、呼び出し音がこだまする。「もしもーし」すぐに出る濵田。その落ち着いた声のトーンに、アポなしだということが伝わってくる。

 日頃、こんなふうにメンバーからの電話を取っているのだろう。いつもカメラの前では、みんなを喜ばせようと頑張る濵田だからこそ、素のテンションの声にときめいたファンも少なくないはずだ。「ラジオ録ってるんですよ」と告げると、「出た!」といつも通りな声のトーンに。そして「今、順調でね! このあともリハビリ。先生も“やっぱ若いから回復早いわ”って」と、気になる足の状況を教えてくれた。「若いし田舎者だからな、自然治癒力があるから」と中間のイジりにも「そうなんすよ(笑)」とテンポよく答え、「早く濵ちゃんの司会っぷり! やらんと!」という小瀧の振りにも、「そうね、名司会っぷりね!」と自画自賛してみせて笑いを誘う。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる