>  >  > ジャニーズWEST、デビュー5周年を迎えて

ジャニーズWESTの微笑ましい関係性を見届けていきたい 『アメノチハレ』特典映像から感じたこと

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジャニーズWESTが、今夜の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演する。披露するのは、4月24日にリリースされた12thシングル表題曲「アメノチハレ」だ。

 2014年4月20日に、大阪・あべのハルカスで行なったCDデビュー会見から5年(デビューシングル『ええじゃないか』は4月23日にリリース)。ジャニーズWESTは、デビュー曲「ええじゃないか」を筆頭に、持ち前の明るさと仲の良さがにじみ出る、元気いっぱいなナニワ節ソングを多く発表してきた。そんな彼らにとって、今回の「アメノチハレ」は、いい意味でいつものワチャワチャを封印。今の季節にぴったりな、爽やかな応援歌となっている。

 お祭りモード全開の楽曲とは異なり、ソロパートが充実した歌割りも新鮮だ。いつも以上に一人ひとりの歌声に注目することができ、その繊細な声色、ハーモニーにハッとさせられる場面も少なくない。ハイテンションで歌われる楽曲も楽しいが、こうしたミディアムテンポでじっくり聞くと、彼らの誠実な姿勢が声を通じて伝わってくるようだ。

 「アメノチハレ」を作詞・(川口進と共に)作曲したのは、SMAPの「ありがとう」「どうか届きますように」や、Kis-My-Ft2の「PICK IT UP」などを手がけてきたMORISHIN。ジャニーズWESTにも、これまでに「僕ら今日も生きている」「青空願ってまた明日」などの楽曲を提供してきた。MORISHINの綴る歌詞は、いつだって大切な人たちへの感謝と、想いは必ず叶うという希望に溢れ、傷ついた心を“大丈夫”だと背中をさすってくれるやさしさに満ちている。たとえ今、失敗続きでうまくいかなくても、笑顔を忘れなければきっと……という気持ちにさせてくれる本作は、長い下積みを経てデビューを掴み取り、そしてどんな壁も笑いに変えて乗り越えてきたジャニーズWESTにピッタリだ。

      

「ジャニーズWESTの微笑ましい関係性を見届けていきたい 『アメノチハレ』特典映像から感じたこと」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版